パート4.キャッチャー・イン・ザ・ステーション 枯野透[12:08]渡部亜希穂[12:09]

自殺予告メールがきても、あたしは何もしなかった。薄情な人間だから? それがいちばん当たっているような気がする――とある大晦日、12月31日。高校2年生、徳永準の自殺予告メールがネットに流出しました。友人である笹浦耕は東京のどこかにいる彼を止めようと捜索隊を結成します。そこから始まる15人の24時間の物語。『おすすめ文庫王国2009』でライトノベル部門の堂々1位を獲得した『15×24(イチゴーニイヨン)』シリーズを2巻まで連日更新。読みはじめたら止まれない、ライトノベル史上〈もっとも長い一日〉を味わってみてください。(イラスト:箸井地図)

枯野透 [12:08]

 目が覚めたら、一時間も経ってた。
「……ねっと・しんじゅうぅ?」
「ええ、はい。なんじゃないかって」
 アキホさんが、困ったふうに小首をかしげて微笑む。これが白百合風の笑いってやつなんだろう。僕はマックのテーブルに突っ伏した。
 なんてこった。
 探す相手は、これで二人になっちゃったわけか。運命にしては、あまりにも睡眠時間の足りない展開だぞ。
 ふと、嫌な予感がする。僕が関わる相手は、ほんとにこの二人でおしまいなんだろうか。いや、今朝のサラリーマンから数えたら三人目じゃないか。アキホさんを含めれば合計四人。この大晦日の二十四時間のうちに、最終的に僕はどれだけの赤の他人を助けてまわることになるんだろう?
 ──ちなみに、そのアキホさんといっしょに紀伊国屋の前でおこなった現場検証は、なにひとつ成果がなかった。
 それどころか、かえって疲れと空腹を自覚してしまって、すみません、ちょっとどっかで休ませてくれませんか、と僕のほうが先にギブアップ。まったく良いところなしだ。たどりついたのは、近くのマックの二階席。唯一の救いは、禁煙席があったことぐらい。
 僕は、もういちどケータイを見る。
 マリエさん発、トウコさん経由の重大発表が燦然さんぜんと輝いている。ネット心中。予定時刻は本日午後九時。
「……年越し蕎麦には間に合うから、いいか」
「え?」
「あ、いや、こっちのこと」
 いかんいかん、そういう問題じゃないんだってば。人の命がかかってるんだぞ。
 候補地は、六か所。ただいま現在〈捜索隊〉に確実に参加してるのは総勢九人。例のイチ・トウコさん、移動中のマリエさん、左右田そうだとその友人のノブくん、あとはトウコさん経由でケンジさんとミツハシさんとササウラさん、でもって僕とアキホさん。ぜんぶの候補地に配置できないわけじゃない……けど、ちょっとばかり対象が広すぎる。
 あいかわらず左右田がつながらないので、トウコさんにメールしてみる。やっぱり同意見だ。

件名:新宿御苑をお願いします
こちらでもただいまその点につい
て対策を思案中です。もし、お二
方が動けるようでしたら、とりあ
えず新宿御苑へむかってください
。何かありましたらまた連絡いた
します。

「御苑を見張ってて、だってさ」
「そうですね」
 アキホさんが、さっと立ち上がる。きびきびしてるところは、あんまりお嬢さまらしくない。こっちも負けちゃいられないぞ。
「そうだ、ところで」
「はい?」
「……どうしてこのメールが届いた時、すぐ起こしてくれなかったの?」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
15×24(イチゴーニイヨン)link one せめて明日まで、と彼女は言った

新城カズマ

「なんで自殺しちゃいけないの?」とある大晦日、12月31日。高校2年生、徳永準の自殺予告メールがネットに流出しました。友人である笹浦耕は東京のどこかにいる彼を止めようと捜索隊を結成します。そこから始まる15人の24時間の物語。『おすす...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません