パート4.キャッチャー・イン・ザ・ステーション 温井川聖美[11:39]

自殺予告メールがきても、あたしは何もしなかった。薄情な人間だから? それがいちばん当たっているような気がする――とある大晦日、12月31日。高校2年生、徳永準の自殺予告メールがネットに流出しました。友人である笹浦耕は東京のどこかにいる彼を止めようと捜索隊を結成します。そこから始まる15人の24時間の物語。『おすすめ文庫王国2009』でライトノベル部門の堂々1位を獲得した『15×24(イチゴーニイヨン)』シリーズを2巻まで連日更新。読みはじめたら止まれない、ライトノベル史上〈もっとも長い一日〉を味わってみてください。(イラスト:箸井地図)

温井川聖美[11:39]

 ……きっと他のみんなは、躊躇ちゅうちょなくそうしているはずだ。徳永のメールを受け取った人たち。彼の自殺を止めるために、行動をしている。

 遺書メールがとどいたのは、朝の九時ジャストだった。
 あたしは布団の上でごろごろしていた。ごろごろするのはとても心地よくて、ほんとうに生きてるという実感がある。こんな表現は、ふつうならばスポーツで優勝した時だとか、チョモランマの頂に到達したりした時に使われるものだ。それはわかってる。でも、事実なんだからしかたがない。
 ごろごろしている時が、あたしはいちばん自分自身の存在を感じとれる。
 心臓の鼓動、ゆっくりした呼吸、胃の動き、腸の重さ、髪の毛の温かさ、手足を巡るさまざまな体液までも。もしかしたら人間というやつは、直立歩行するほうが間違いで、横たわった姿勢のほうが正しいのかもしれないとさえ思う。
 なにもしないことの正しさ。
 なにも望まないことの心地よさ。
 けれど、しばらくすると母さんがやって来て、いつまで寝てるのサトミったら、牛どころか豚になっちゃうわよ知らないの、勉強しなさい勉強、それかスポーツでもいいわよ、まだ学校の先輩誘ってくれてるんでしょバスケット部に、来年はもう三年なのよ、あたしは大学行けなかったけどあんたたちは行けるし行かせてやろうって言ってるんだからね、などと延々と小言をふりそそぐし、それに対してあたしが生返事をかえすと事態はさらに悪化する。
 もっとも今日は母さんの来襲がなかったので(さすがの彼女も冬休みのど真ん中に「休むな」と説教して勝つ自信はないらしい)、あたしは直立することなく自分の人生を満喫し続けた。
 つまり、
「おばあちゃん危篤だって! すぐ出かけるって!」
 と叫びながらヒロミがあたしの部屋にとび込んでくるまでの約一時間二十分、あたしは携帯を手にしたまま部屋から一歩も動かなかったことになる。
 徳永のほうへ行こうと思えば、行けたはずだ。
 どこへ行けば事態が好転するのか皆目見当はつかないのだけど、何はともあれ最寄りの駅へ、もしくは闇雲に、走り出すことくらいはできた。そして実際、あの大量のメールの行き来を読むかぎり、どこかで誰かが走り出していたのだ。
 そういうものだ、ふつうの人間というのは。
 世の中には「行き場のないやる気」というものが確かにあって、それに突き動かされて活動したがる人間を、あたしも数人は知っている。活動のために目標を欲しがるような人種。キャンプファイヤーを盛り上げるために、なんでもかんでも燃やそうとするタイプ。
 でも、あたしは何もしなかった。
 直立歩行をするのが嫌だから? 違う。他にやることがあったから? まさか。予告メールの内容を信じていなかったから? もしかしたら……でもたぶんそうじゃない。薄情な人間だから? それがいちばん当たっているような気がする。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
15×24(イチゴーニイヨン)link one せめて明日まで、と彼女は言った

新城カズマ

「なんで自殺しちゃいけないの?」とある大晦日、12月31日。高校2年生、徳永準の自殺予告メールがネットに流出しました。友人である笹浦耕は東京のどこかにいる彼を止めようと捜索隊を結成します。そこから始まる15人の24時間の物語。『おすす...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません