パート3.せめて明日まで、と彼女は言った ​徳永準 [09:57−]

自殺したがってる同い年の男子生徒のために割ける時間は……、三秒だね。なんでか? しょうがねーでしょ。当人が死にたがってんだから――とある大晦日、12月31日。高校2年生、徳永準の自殺予告メールがネットに流出しました。友人である笹浦耕は東京のどこかにいる彼を止めようと捜索隊を結成します。そこから始まる15人の24時間の物語。『おすすめ文庫王国2009』でライトノベル部門の堂々1位を獲得した『15×24(イチゴーニイヨン)』シリーズを2巻まで連日更新。読みはじめたら止まれない、ライトノベル史上〈もっとも長い一日〉を味わってみてください。(イラスト:箸井地図)

徳永準 [09:57−10:12]

 まにあった!
 ネットカフェじゃなくて、最初から漫画喫茶を探してればよかったんだ。真新しい地下の店、狭い入り口。ネットにつながってるパソコン──やっぱりあった。店員の説明は聞き流して、大急ぎで指定の席へ。両側は白い間仕切まじきり、他に客はほとんどいない。メールソフトを開く。アドレスは、ぼくのも〈17〉さんのも捨てメアド。

To: 17unbegotten@coolmail.co.jp
From: Jun0427@coolmail.co.jp
件名: 新宿に着きました

いま漫画喫茶にいます。ケータイをスリに
盗られてしまったので、そっちにはメール
しないでください。
『場所』はどこですか?

 これで一安心。あの団長さんからお金借りておいてよかった。あとで返さなくちゃ。
 ……あとで?
 ぼくは奇妙な感覚にとらわれる。いつもの胃痛とはちょっと違う、でもどこか似かよった、落ち着きの悪い、ねじれ感。
 あとでって、いつなんだ?
 ぼくは今日死んでしまうのに。
 どうやってお金を返したらいいんだ?
 母さんに伝言……は、この状況でできるわけがない。ちょっと考えてから、近くに置いてあったメモ用紙をとって、書く。

新宿の藤堂さんという自警団の団長さんに
一万円借りたので、ぼくの貯金から返して
おいてください。

 紙を折りたたんで上着のポケットに入れる。これならいいだろう。
 と思うけど……〈17〉さんの『最良の方法』によっては、このメモも無事に遺るかどうかわからない。ようするに今のぼくは何も決める立場にはいなくて、ほとんど〈17〉さん次第ということだ。
 それにしても、借りたお金の返済をお願いするのが十七年生きてきて最後の書き置きっていうのも、なんだかしまらない話ではある。知らずしらずのうちに、口のはしっこから笑いがもれていた。
「……あれ」
 返信が来ていた。開く。

To: Jun0427@coolmail.co.jp
From: 17unbegotten@coolmail.co.jp
件名: Re: 新宿に着きました

ごめんなさい、事情が変わってもうじき
メールが見れなくなります
どこか連絡とれるところありますか?
あと3分くらいしたら、だめになります

「…………」
 ぼくはパソコンの前で凍りつく。
 えーっと……つまり、どうしたらいいんだ?
 メールが見れない。メールが使えなくなるのか。ケータイの電池が切れるってことだろうか? それともパソコンから入ってて、なんかトラブったってこと?
 連絡って言われても。くそ、電話なら手っとり早いのに。メールだけでやりとりする、というのは最初からの彼女の条件の一つだ。とにかく緊急事態だから、とりあえずぼくのケータイの電話番号を教え……ても駄目なんだった。そんなことしたら、女スリのところへ電話がかかってしまう。連絡とれるところ。落ち合う場所のことか。

To: 17unbegotten@coolmail.co.jp
From: Jun0427@coolmail.co.jp
件名: Re: Re: 新宿に着きました

とりあえずアルタ前で、時間は17さんの
だいじょうぶな時間おしえてください。

 ちょっと日本語が変だけど、この際しょうがない。送信。時間は……さっきから一分以上たってる。やばい。一分半。一分四十秒。もうじき二分経過。
 間仕切りのむこうから、かすかなクリック音。誰かがマウスを使ってる。
 とつぜん、いつもの胃痛がやってくる。ちがうったら、おちつけよ。ちがうんだ、これはテストじゃない。塾の模試でもない。成績は下がっても問題ないんだ。じゃなくて、まちがっても大丈夫なんだ。胃が痛い。まちがったらダメ。そんなことない。おちつけ、ぼくの体!
 ……返信だ!

To: Jun0427@coolmail.co.jp
From: 17unbegotten@coolmail.co.jp
件名: Re: Re: Re: 新宿に着きました

ごめんなさい時間も事情が変わってしまいました
あるたも行けないです
あとでかならず連絡します、連絡できるとこrp
おしえてください
あと1分くらいなら、なんとか

 そんな!
 ぼくにどうしろっていうんだよ! だから落ち合う場所と時間を決めればいいじゃないか……新宿がダメって、じゃあなんで最初の場所を新宿にしたんだよ。事情? 事情って? 視界の隅で、おかしな幾何学模様がチカチカと点滅する。ちがうちがう、気のせいだ。どうすればいい? どうしてアルタ前じゃダメなんだ。連絡場所。他の場所。おちつけ、おちつけ。これはテストじゃないんだ。テストよりも大切なことだ。ちがうってば。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
15×24(イチゴーニイヨン)link one せめて明日まで、と彼女は言った

新城カズマ

「なんで自殺しちゃいけないの?」とある大晦日、12月31日。高校2年生、徳永準の自殺予告メールがネットに流出しました。友人である笹浦耕は東京のどこかにいる彼を止めようと捜索隊を結成します。そこから始まる15人の24時間の物語。『おすす...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません