第5回】インプラントに騙されない (トラブルの実態~その1)

インプラント治療は、死亡事故を契機に「危険な治療である」との報道が増加してイメージが悪化している。実際にはどんなトラブルが、どの程度発生しているのか。実態を追った。(その1)
 インプラント治療は、死亡事故を契機に「危険な治療である」との報道が増加してイメージが悪化している。実際にはどんなトラブルが、どの程度発生しているのか。実態を追った。

 丸山理佐さん(仮名、48歳)は150万円もかけてインプラント治療を受けたのに顔色が優れない。急にひどい頭痛に襲われるようになったのだ。そのうちにインプラントの歯がぐらつき始めて、ついに抜けてしまった。あわてて歯医者に駆け込むが、歯医者は「治療は成功している。脱落したのは、別の理由だ」と取り合ってくれない。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
もうダマされない! 歯医者の裏側

週刊ダイヤモンド

歯医者数が10万人を突破した。明らかな供給過剰であるため患者争奪は激化している。技術も知識もないまま新しい治療法に手を出したり、過度なもうけ主義に走る者も存在する。だまされずに、いい歯医者と治療法へたどり着けるよう、歯医者と業界の見え...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kokeshiyamada CAKESにインプラントの記事が連載されており、ちょうど友人が知りたがってたところだったので良かった。読めば読むほど歯医者さんが怖くなるんすけど・・・https://t.co/w5gDvZ6I4Y 約4年前 replyretweetfavorite

agyrtria ひええ。「自分の診療所で行ったインプラント治療でトラブルの経験がある割合は60.8%にも上った」⇒ 約4年前 replyretweetfavorite