第三章 日本企業の底力は「制度」にある vol.5 新卒採用が社員にもたらすもの

まちがいだらけの転職市場、ビジネス事情にメスをいれ、多くの社会人を叱咤激励した漫画『エンゼルバンク』。そのエッセンスを凝縮した副読本の内容をcakesでもお届けします。新卒採用が育てるものは、新卒で入ってくる新人本人ではなく、すでに働いている先輩社会人たちでした。 (『会社に左右されない仕事術』より)

新卒採用は現役社員を伸ばすため

 ここまでの話を聞いて、納得のいかない人は多いはずだ。

「結局は学歴優先で個人の能力を見ていないじゃないか」
「日本企業もインターンシップを本格的に導入して、優秀な学生のみを採用していくほうが効率的だ」
「現状では新卒一括採用から漏れた人の受け皿がない。もっと第二新卒などに門戸を開き、20代の労働市場に流動性を持たせるべきだ」

 たしかに、どれも正論に聞こえる。もし、会社が新卒者のためだけに存在しているのなら、これらの意見は正しいだろう。
 しかし、会社はまだ見ぬ新卒者のために存在しているのではない。現役社員のために存在し、現役社員の力を伸ばしていくことが会社の使命なのだ。

 先にも述べたように、日本の会社には「協力」や「助け合い」の文化がある。仕事や役割を個人ごとに切り分ける職務主義を採っていないためだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

モーニング

この連載について

初回を読む
会社に左右されない仕事術

三田紀房

まちがいだらけの転職市場、ビジネス事情にメスをいれ、多くの社会人を叱咤激励した漫画『エンゼルバンク』。そのエッセンスを凝縮した副読本の一冊、『会社に左右されない仕事術』の内容を、cakesでもお届けします。はじめてのことばかりで悩む新...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード