パート1.例のメールが届く前 渡部亜希穂[8:59]笹浦耕[9:00]渡部亜希穂[9:00−]

自殺すると決めた日、ぼくはぼく自身から自由になった――とある大晦日、12月31日。高校2年生、徳永準の自殺予告メールがネットに流出しました。友人である笹浦耕は東京のどこかにいる彼を止めようと捜索隊を結成します。そこから始まる15人の24時間の物語。『おすすめ文庫王国2009』でライトノベル部門の堂々1位を獲得した『15×24(イチゴーニイヨン)』シリーズを2巻まで連日更新。読みはじめたら止まれない、ライトノベル史上〈もっとも長い一日〉を味わってみてください。(イラスト:箸井地図)

渡部亜希穂(ワタベ アキホ) [08:59]

 目の前歩いてた白のダウンジャケット、いっきなり財布を落としやがった。大あわてでひろう。うーん、鈍くさいヤツだなあ。

 ……いけるかな?

 あたし、間合いをはかる。ちょっとドキドキ。
 白ダウンのそいつ、中肉中背からちょいやせ。まじめそうな髪型。うつむきかげんで、歩幅は小さいけど早足。うーん、都内の有名私立高、二年生ってとこかな。
 これ、なんか柔道とか剣道の試合みたいだなあって、いっつもそんなふうに思っちゃう。まずは相手を読むの。失敗しないようにね。カンペキには無理だけどね。だからすっごいキンチョーする。でもキンチョー感って気持ちいいでしょ。
 それに、悪いことだって分かってるぶん、ちょっと楽しいし。

 中学ん時、グループの先輩が言ってたので『アイスクリームはおいしいけど、それを食べるのが犯罪だったらもっとおいしくなるはず』ってのがあって、あたしこれすっごくカッコいい言葉だなあって大感動しちゃって、その先輩大ソンケーするようになっちゃったんだけど。つまりそういう感じなんですわ。おわかり?
 もちろん、必要に迫られてピケることもあるよ。てゆうか、そっちのが多いかな。コスメとか香水とかは生き抜くためのヒツジュヒン? てやつですから。
 あ、この『ピケる』っていうのはあたしたちの学校で使ってる呼び名ね。
 なんでそういうふうに呼ぶのかは、よく知らない。グループの先輩たちも知らなかったし。もしかしてピッケルでひっかけるみたいだからじゃないの? って森ちゃんは言ってたけど。
 あたしピッケルって見たことないし、そしたら森ちゃんもそんなのあたしだって知らねえよーって言ってたから。よくわかんないや。
 他の学校では、『パクる』とか『ギる』とか『トチカンする』とか言うんだって。
 ようするに万引きとか、スリとかのことなんだけど。
 なんか面白いよねー。きっと世界中で、ぜんぜんちがった、たっくさんの呼ばれかたしてるんだよね。
 で、これだけ呼ばれかたあるってことは、きっとみんなやってるってことで、たぶんとっても重要なこと。だからピケるのは、生活の知恵でもあり、ゲージュツでもあり、一子相伝のヒジュツでもあり。ちなみにあたしはグループの先輩(さっきのかっこいいこと言った人ね)に教わりました。でね、たまには楽しみだけのためにピケらないとだめだよってね、その先輩が。
 好きこそ物の上手なれ、っていうでしょ。

 それにさ、あたしより鈍くさい人間がソンザイしてくれてるってことが、すっごくうれしかった、てのもあんだよね。
 わかる? あたし、うちの学校そんなにレベル高いわけじゃないけど、てゆーか低いけど、そんなかでも下から数えたほうが早い? みたいな。ヤワラちゃんとか宮里藍ちゃんみたくに何かすごくできるわけでもないし。カラオケ下手だし。でもこれだけは、先輩もほめてくれるんだよ。ピケるのだけは。ね? わかるでしょ?
 才能だとは思わないよ。ジュンジョ、てゆーか、ジョレツの問題なのよ。
 つまり。あたしみたいなのにピケられるってことは、あたしよりも下なわけね。人間のジョレツとして。
 だからさ、きっちりピケってあげないといけないわけよ。身のほどわきまえる?だっけ。そのほうが当人のショーライのためにもなるし。あたしの幸せのためにもなるし。

 だもんで、間合いをはかるあたし。
 アルタを左に見て、進行方向にはマルイと紀伊国屋。人通りは少ない……そりゃそうだわ、大みそかの朝だもんね……あたしだって終電ミスって、おまけに森ちゃんの部屋がいきなり使えないんでなけりゃ(森ちゃんたら元カレとヨリ戻しちゃったのよ。ちぇっ)今どきこんなとこぶらついてないって。
 雲のあいだから太陽がちらっと出る。ちょいまぶしい。これもあまりいい条件じゃない。でもチャンスはある。
 白ダウンはケータイに夢中、まわりに注意いってないのが見え見え。
 信号が赤になる。
 横断歩道は目の前、人がぼちぼちたまってふえてく。これは好条件。財布はズボンのうしろポケット。頭半分出して、あたしのことを誘ってる。
 いけるか?
 いけるのか亜希穂ちゃん十七歳(恋人募集中)?

 いけるいける、ファイト、ゴー!

渡部亜希穂[09:00−]へ進む


笹浦耕 [09:00]

 例のメールが届いたのは、そん時だった。
 つっても、さっきも言ったとおりオレまだ寝てたんですけどね。
 受け取ってちゃんと読んだのはカラノ・トオルとか、〈トウコ〉さんとか、西のやつとか、そっちの真面目な連中。オレ? オレ不真面目だもん。基本的に。
 すぐに起きてメールチェックしとけばよかったかも、って? どうだろうね。オレが最初から出ばってたら、かえってめんどくせーことになってたかもしんないよ。
 頭数が多いからって、事態が必ず好転するもんでもねーだろ。世の中さ。

笹浦耕[9:40]へ進む


渡部亜希穂 [09:00−09:08]

 やっべー!
 てのが、そのシュンカンのあたしの正直な感想だった。
 財布ピケったのはいいんだけど。
 ついでにケータイも手に入っちゃった! てゆーか、えーとさいしょから説明するとね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
15×24(イチゴーニイヨン)link one せめて明日まで、と彼女は言った

新城カズマ

「なんで自殺しちゃいけないの?」とある大晦日、12月31日。高校2年生、徳永準の自殺予告メールがネットに流出しました。友人である笹浦耕は東京のどこかにいる彼を止めようと捜索隊を結成します。そこから始まる15人の24時間の物語。『おすす...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません