白目を剥いて「ホゴシャ萌え」を語る岡田育【オタクとオナニーと物語とセックス】

AV監督・二村ヒトシさんによる、「ハジの多い人生」著者・岡田育さんの擬似AV面接6回目をお届けします! 前回出てきた、岡田さんが自分で作られたというジャンル「ホゴシャ萌え」。昔から「保護し保護される間柄が逆転してしまう間柄」を愛でてきたそうですが、それが岡田さんの恋愛観にどのような影響を及ぼしたのでしょうか。

私の心の中には、オッサンがいます

岡田 私が、保護し保護される間柄で力関係が逆転する「ホゴシャ萌え」を基軸に古今東西の物語を愛でているうちに、ブラックジャックとピノコの関係ならブラックジャック側に、オードリー・ヘップバーンの映画だったらオードリーじゃなくて相手役の中年俳優側のほうに、感情移入することが増えてきたんですよ。つまり、私の心のなかにオッサンが形成されてしまったわけなんですよね。

二村 誰の中にもいろんなキャラが多数同時に存在してるからね……。オッサンのなかにも女子はいるし。

岡田 そうなんですよ。すると、同じ「自分より年上の渋い中高年男性が好き」と言っている女子の間でも、なんか意見が合わないんですよ。「私もおじさま好きなの! 石田純一とか!」と言われて、ズッコケたり。

二村 ふむふむ、岡田育は石田純一は好きではない、と……。



岡田 だって若いじゃないですか! 石田純一とか明石家さんまとかは美魔女の男版みたいなもので、それはそれでいいんだけど、マザコンやロリコンこじらせたまま枯れつつあるかわいいオッサンとは別物ですよ。「ホゴシャ萌え」とは違うんです。トータルバランスが良すぎる。石田純一世代なら他にいくらでも萌えるアンバランスなオッサンいますから! あの世代で私が好きなのは、野田秀樹とか、モナコ大公アルベール2世とかですかねー。二人の共通点はハゲで眼鏡で笑顔がかわいいことと、あとはお相手のストライクゾーンが広いこと。自分と同等の存在を求めるタイプに見えるので、きっと若い女になんか見向きもしないに違いないわ、と諦めてたら最終的に行き着く先が私と同世代との年の差婚で、「んもー、二回り下でもよかったんなら先に言ってよー!」という感じでした。いや、言ってもらえたからといって私が何を狙えるわけでもないですけど(笑)。あと、いま気づくと東尾理子も同世代ですけど(笑)。そして、あんまりハゲ萌えの話をするとフサフサのオットー氏が哀しそうな顔をするのでやめますけど……。

二村 白目を剥いて喋り続けてないで、あの、もうちょっと落ちついて(笑)。

岡田 ちなみに明石家さんまは、アリかナシかの絶妙な境界線上にいて、悩むけど、大好きですね。石田純一と何が違うんだろう? 結局、「大竹しのぶみたいな女の聖性と魔性に同時に転がされてしまうような男たちが好き」みたいなことか……。つまり、私自身がいかにオッサンの側の心情にシンクロできるか、というのが大事なポイントである気がします。揺らぎない部分と惑わされまくってる部分が同時にあるのがいいのかな……。石田純一は惑わせる側なんじゃないですかね……。(以下、自問自答を繰り返す)

男たちは、なぜ勝手に劣等感を抱いてしまうのか不思議だった

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
キモい男、ウザい女。

二村ヒトシ

アダルトビデオ監督・二村ヒトシさんが、男女の関係性を探り、自分自身を語っていく連載です。現代の日本に生きる私たちほぼ全員が「キモチワルい男」であり「めんどくさい女」であるという、恐ろしすぎる【見立て】からはじまるこのお話。なぜ現代の恋...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

toronei 荒木センセとかなあ。 約4年前 replyretweetfavorite

kuta2koo 「石田純一とか明石家さんまとかは美魔女の男版みたいなもの」に吹いた。なるほど、あの不自然な若々しさとかお肌の照りとかってそういうことか…… 約4年前 replyretweetfavorite

yamada_kazuo cakesへ 迷惑で馬鹿にしたような記事や漫画が支持されると本気で思う?そんな物を読んで欲しいとは、あまりに虫が良すぎる 人の迷惑考えられないお前達が支持される事は、決してない!記事の押し売りは必用ない! https://t.co/xSHiD8Wzvg 約4年前 replyretweetfavorite

nijuusannmiri 「俺さー、そういう「自分の男性性に、へんなプライドを持っていない男」こそが、真の意味で【男らしい人】だって思うんですよ」 約4年前 replyretweetfavorite