変なセックス

男が何人か集まると、しばしば”シモ”の話で盛り上がってしまいますが、それは男だけの特権ではありません。林伸次さんのお店・bar bossaに女性のお客さんも、なかなかすごいお話をされるようで……。今回のお話は、林さんが女性のお客さんから聞いた「変なセックス」について。あなたもこんなこと、していませんか?

女性はバーでこんなことを話しています

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。



女性によくある特徴のひとつに、「デートした相手に対する批評」というのがあります。

例えば、「林さん、この間、男に食事誘われて行ったんですけど、支払いが割り勘なんですよ。向こうから誘っておいて信じられないですよね」的なことを「ちょっと聞いてよ」って感じで言うわけです。

バーではみなさん酔っているので、もちろん「こんな変なセックスを強要された」という話もいっぱいします。そういう話題になったとき、僕は必ず「今までで一番変なセックスってどんなのでした?」という質問をします(バカですね……)。

すると、ほぼ全員が「林さんにとって、どこからが変なセックスですか?」という逆質問をします。この逆質問、なかなか女性の性意識の深いところをとらえているような言葉だと思います。「変なセックス」ってどこからなんでしょうね。ちなみに僕はその逆質問はもう慣れているので、「『あれ? この人、こんなことするんだ……』って感じのはもう変なセックスです」と答えることにしています。

さて、その僕の質問に対しての答えで「3大回答」というのがありまして、まず「お外でくん(車でくんも含む)」と「写真くん(ビデオくんも含む)」と「おもちゃくん」をほぼみなさんが答えます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

渋谷のバーのマスターが教える、恋愛作法のエトセトラ。ついに書籍化!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kawasemi なるほどなー(なにが?) 3年以上前 replyretweetfavorite

nu36 本当にそんなことする人いるの?いるみたいですよ。 5年弱前 replyretweetfavorite

283vawa 若い頃、この「三大回答」は通過儀礼だと思っていましたが何か。 5年弱前 replyretweetfavorite