思わぬ援護射撃にジョン涙【第5話】

話をかけてきた高校生美術部員のために、勝手に原宿のギャラリーを自腹で押さえ、展覧会を開催するぞ! と暴挙に出た前回。それを読んだ高校生たちは顔面蒼白だったはずです。果たして今回はどんなリアクションが返ってくるのでしょうか?
ごく普通の会社員であるジョン・ヒロボルタさんが血迷って携帯番号を誌面に載せたところから始まる、アメイジング・ドキュメンタリー!『TVBros.』で連載中の超異色連載が、水・土更新で一挙再掲載です。

本文に入る前にご報告があります。

前回の記事に高校生たち(高1ボルタ)の高校名が掲載されました。同じ県内の他校の先生がそれを発見し、高1ボルタたちの学校に連絡が入り、彼らは先生にがっつり呼び出しをくらったそうです。

僕がきちんとしたチェックをしていなかったばかりに、彼らに不快な思いをさせてしまい、大変申し訳なく思っています。この場を借りてお詫びしたいと思います。

高1ボルタたち、本当にごめんなさい。そして、ご迷惑おかけした先生方、学校関係者の皆様、本当に申し訳ございませんでした。

高1ボルタの先生へ

先生! 今、この記事読んでますか?

cakesという媒体の特性なのか、彼らの同級生でなく先生が気づいたというのはおもしろいですよね。こんなわけのわからない男が書いているなんのタメにもならない記事を読んでいただき、嬉しく思います。

僕はどうしても先生に言いたいことがあります。高1ボルタたちについてひとこと言わせてください。彼ら高1ボルタたちはすごい行動力の持ち主なんです。とくに秀でたものもなく、ただなんとなく日々を過ごしていた自分の高校時代を振り返ると、彼らの自主性には驚かされます。

普段、連載を読んで電話をかけてくる人たちはちょっと変わった人々ばかりなので、彼らのような素直な高校生たちとコンタクトを取れたことがうれしくて、今回はついついしつこく絡んでしまいました。

しかし、彼らはそんな僕の無茶ぶりにも応えてくれて、美術部として才能を発揮してくれました。今では彼らに大勢のファンがいます。

なんと、すずきゅうボルタの描いたグラフィティは商品化もされました。今後、この連載で彼らの活躍はどんどん紹介されますので、楽しみにしててください! その活躍ぶりは『TVBros.』の連載でも現在進行形で続いています。

こんなこと言える立場ではありませんが、学外での活動は僕がしっかりと見守っていきたいと(勝手に)思っておりますので、学内での彼らのことはよろしくお願いします。先生〜!

というわけで、読者の皆様、前回の続きをお楽しみください。  

ジョン・ヒロボルタ

それってROCKじゃないですよね!?

たろおみボルタとの顛末が載ったブロスが発売された翌日、僕(ジョン)の携帯に知らない番号から電話がかかってきた。

「こんばんは。えっと、ちいさまボルタと言います」

— どうもはじめまして。

「実は私、『たろおみ』の父でございます」

読者プロファイル⑨ ちいさまボルタ:45歳。群馬在住。ヘビメタ好き。たろおみボルタとゆめたむボルタの父。虫歯がひどい。

— え!!! お、お父さま!?

「読みましたよ! 親子揃ってブロス読者ですから」

— そ、それはありがとうございます!!

「たろおみはブロス読んでる両親に育てられたから、いわばサラブレッドですよ」

— 確かに。その環境があの電話、そして今のたろおみボルタを形成したんですね。

「いいんだか悪いんだか。でも今回は息子が大変失礼いたしました」

— いえいえ、とんでもないです。あれは僕が勝手に暴走してしまったんです。

「でも、ウチの息子が絵を送らなかったら、 それってROCKじゃないですよね!?」

— お、お父さん! でも、あのように書きましたけど、学校の勉強もあるし、無理なさらずにお願いします。僕はただ、たろおみくんにがんばって欲しかっただけなんですよ、美術部の部長として。高校生活は二度と来ないわけですから。

「そこまでアイツのことを思ってくださってるんですね。 なんでもさせますから使ってやってください!」

— お父さん! あり…が…と……ぶひぃ!!!!  電話を切るとスマホがびしょびしょに濡れていた。雨でも降ってたのかな。


実家の弟が大変なことになってるって…

「もしもし。あの…たろおみの姉の、ゆめたむボルタです」

読者プロファイル⑩ ゆめたむボルタ:神奈川在住。たろおみボルタの姉。ジョージ・ハリスンが好きな渋い女子大生。

— あ、お姉さん! つい昨日、お父様と電話しましたよ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
雑誌で自分の携帯番号【090-6143-2407】を公開したら

ジョン・ヒロボルタ

泣く子も笑うサブカル雑誌『TVBros.』で連載中の超異色連載『090-6143-2407 ジョンと出会った読者たち』がついにcakes上陸。ごく普通の会社員であるジョン・ヒロボル タさんが血迷って携帯番号を誌面に載せたところから始ま...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

johnhirovolta 異常な展開!5話目も今なら無料!『TVBros.』の異色連載始まりました! 4年弱前 replyretweetfavorite

suzuchima 最近どはまりしてるのがこの連載です。私もスズボルタとして参加したい。(涼) https://t.co/JopHkcTNUk 雑誌で自分の携帯番号を公開したら|ジョン・ヒロボルタ 約4年前 replyretweetfavorite

tamuramone 私がブロスに初登場した回!とても懐かしい笑過去の連載が再掲されていますのでボルタについてはこちらをぜひ!“@johnhirovolta:『TVBros.』の異色連載始まりました!” 約4年前 replyretweetfavorite

johnhirovolta いろいろあって今回だけ更新が日曜になりました QT 『TVBros.』の異色連載始まりました! 約4年前 replyretweetfavorite