かけてきた人は全30万部中たったひとり【第1話】

前回「中村さんの結婚式in福建省」にて、「誌面の都合上書ききれなかったエピソードをお話します。話の続きはこちらまで」と自分の携帯番号を載せた著者のジョン・ヒロボルタさん。たった1件ですが、ホントに読者から電話がかかってきたそうです。いったいどんな読者からだったのでしょうか? 『TVBros』の発行部数約30万部分の1に輝いた、栄えある読者をご紹介しましょう!
ごく普通の会社員であるジョン・ヒロボルタさんが血迷って携帯番号を誌面に載せたところから始まる、アメイジング・ドキュメンタリー!『TVBros.』で連載中の超異色連載が、水・土更新で一挙再掲載です。

 深夜、知らない番号からの着信。恐る恐る「もしもし?」と言うと電話口から「ジョンさんですか? ブロス見ました」と女性の声。

 彼女の名前は菊地さん(25歳)。キクボルタと呼ばせてもらうことにした。僕は誌面に書いた約束通り、中国の話やレストラン開業計画など、福建省・平潭島に関する取材で得た様々なことをひと通り話した。30分ほど話しただろう。そして、僕は彼女に質問した。

「どこに住んでるんですか?」

「熊本です。3.11の震災で逃げたんです。熊本に」

 僕は自分の話よりも、彼女の話のほうが気になって仕方なかった。その日、キクボルタさんは「東京に行く機会があれば、お会いしたいです」と言っていた。翌週の日曜夜、突然携帯が鳴った。

「東京に行くので会えませんか?」

 キクボルタからの電話だった。大好きなバンドのライブが下北沢であるらしい。というわけで、急な話だが、翌日月曜の夜に会うことになった。

 待ち合わせ場所にいたのは、大人しそうな女性。顔は光浦靖子さん似。小さなリュックを背負って、ビニール袋を手に持ち、水木しげるの妖怪柄のワンピースを着た今時の女性である。


読者ブロファイル① キクボルタ:本名、菊地さん。25歳。熊本在住。愛読書はブロスとコミックビーム。ビニール袋のは靴(予備?)などが入っていた気がする。妖怪柄のワンピース。2泊3日とは思えない小さなリュック。スニーカー。メガネ。

 失礼ながら直感的に「こんな変な人はなかなかいない」と思った僕は、矢継ぎ早に質問をした。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
雑誌で自分の携帯番号【090-6143-2407】を公開したら

ジョン・ヒロボルタ

泣く子も笑うサブカル雑誌『TVBros.』で連載中の超異色連載『090-6143-2407 ジョンと出会った読者たち』がついにcakes上陸。ごく普通の会社員であるジョン・ヒロボル タさんが血迷って携帯番号を誌面に載せたところから始ま...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

johnhirovolta 今なら無料で読めます! 携帯番号という超個人情報が公開されるとき、何かが起こる 約4年前 replyretweetfavorite

johnhirovolta 今なら無料で読めます! 携帯番号という超個人情報が公開されるとき、何かが起こる!  約4年前 replyretweetfavorite

johnhirovolta 携帯番号という超個人情報が公開されるとき、何かが起こる!『TVBros.』の異色連載始まりました! 約4年前 replyretweetfavorite

johnhirovolta 第1話、今なら無料!『TVBros.』の異色連載始まりました! 約4年前 replyretweetfavorite