かっこいいオジサン

男はいくつになってもかっこよくありたい生き物です。林伸次さんのお店に来た40代の「オジサン」たちも、20代の女の子をかっこよくデートに誘う方法を話していたそうです。それには一家言あった林さんでしたが、後日そんな自分を反省するできごとが起きました。本当にかっこいいオジサンとは? オジサン必読のコラムです!

オジサンが20代の女の子をデートに誘うとしたら

いらっしゃいませ。
bar bossaにようこそ。

先日、40代の悪い男性たちがカウンターで、「20代の女の子とデートに行くときはどういうところに行けばいいのか」というテーマで盛り上がっていました。

Aさんは「やっぱり車だよね。最近の若い男性って車を持ってないからさあ。『今度の休み、山梨のワイン農園行ってみようか』って提案すると『行きます~!』ってなるんだよ。ドライブ中にロマンティックな音楽をかけて、彼女の仕事先での不満とかを聞いてあげたりしてって、もうホント、ベタなドライブのデートでも、彼女たちは新鮮だから喜んでくれるんだよね」という話でした。

Bさんは「やっぱりお寿司だよ。『美味しいお寿司屋さんみつけたから今度行ってみない?』って誘うと、ほぼ全員が『行きます!』って言ってくれるんだよね。ほら普通は20代の女の子って回るお寿司とかしか行ってないじゃない。焼き肉とかは会社の集まりで行ったりするけど、お寿司って行ってないんだな。いや、ホント、お寿司は強いよ。みんな喜ぶもん」ということでした。

そんな話で盛り上がってると、「林さんだったら、20代の女の子とデート行くとしたらどういうところにするの?」と質問されました。

ここでちょっと確認しておきますが、僕は妻も娘もいまして、さらに娘は24歳でして、決してそんな20代の女の子との悪いデートなんてしませんので。変な話を妻とかにしないようにお願いします。

話は戻ります。

僕はこう答えました。
「うーん、やっぱり20代の女の子って、ちゃんとしたフレンチ・レストランって行ったことないと思うんですよ。ちょっとカフェに近いようなビストロとか、パスタが美味しいイタリアンとかはギリギリ経験していると思うんですけど、フレンチってちょっと行く機会がないじゃないですか。だから僕はフレンチに連れていきますね。『一応、星付きのレストランだからお洒落して来てね』とか伝えておいて、そういう女の子をエスコートするオジサンって良いんじゃないかなって思うんですよね。コースの組み立て方とかワインの選び方とか教えてあげたりして……」

なんてことをついつい言ってしまって、「林さん、悪いなあ」なんて言われたりしてました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

渋谷のバーのマスターが教える、恋愛作法のエトセトラ。ついに書籍化!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

nakagawank 僕もこんなカッコいいおっさんを目指したい。/ 4年以上前 replyretweetfavorite

sadaaki 渋谷のバー店主・林さんのコラム。今回はオジサンが20代の女の子をデートに誘ったときは、どうしたらいいのかというお話です。読まないとですよ。 4年以上前 replyretweetfavorite

paulnakahara 僕ならどこへ行くかと色々考えてみたが、そもそも二十代の子とデートする発想がすでにないなあ。 4年以上前 replyretweetfavorite

hiro0319k おっさんが若者に自慢話やダメ出しをするのは、若者が男の場合でも同じ。その格好悪さも同じ。 “@bar_bossa: [今なら無料!]” 4年以上前 replyretweetfavorite