第6回 戦略力を高めるフレームワーク2

今すぐ使えるフレームワークをご紹介する本連載。
イノベーションを起こして圧倒的優位に立つためには、難易度は高いですが課題そのものを再構築する「ゼロベースアプローチ」が有効です。今回は、その糸口を見つけやすくするフレームワークをご紹介します。

◆お客様の上位の目的を満たす「ごう目的の山登り」

 合目的の山登りとは、企業経営におけるトレードオフ(二律背反)問題を自社独自の方法で解決(両立)してイノベーションを起こすための、ゼロベースアプローチの一つです。
 ゼロベースアプローチでは必ずしもアプローチの糸口があるとは限りません。しかし、そのような中では、比較的アプローチの糸口が見つかりやすい方法といえます。それは、お客様は常により上位の目的を満たしてくれる商品に、より大きな価値を感じるという普遍的な法則性があるからです。
 なぜならば、そのほうがより簡便により直接的な効果が期待できるからです。結果として、お客様のより上位の目的を満たす商品開発により新しい需要が創造されていくのです。これがイノベーションの一つのパターンです。
 合目的の山登りでは、トレードオフ問題を解決するために現状の商品・サービス・業務が満たすニーズの目的を定義し、それより一段上位の目的を満たす商品・サービスを提供します

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
戦略プロが選ぶ!最強の「フレームワーク」

丹生光

人はどんどん減っていくのに、仕事は増える一方だ!どうにかして効率化しないとパンクしてしまう――。 そんな多忙なビジネスパーソンを救うべく、25社以上の超有名企業を中心に支援してきた戦略のプロが一肌脱ぎます! よく聞くけれど意外と知らな...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません