堀江貴文 ​vol.3 オタクを差別しないリア充が、スタートアップを加速させる。

かつて、敵対的なM&Aをくり返すことで、会社を大きくしてきた堀江貴文さん。その裏には、大企業に埋もれている技術や人材が自分のもとならもっと活かせる、それをもとに社会の仕組みを大きく変えたいという思いがありました。でもいまや、M&Aなんてする必要がないと堀江さんは言います。その理由とは? そして、堀江さんが果たすべき、スタートアップ界隈での重要な役割とは。本連載にも登場したミドリムシの会社「ユーグレナ」社長・出雲充さんとの出会いの話も飛び出します。

SNSが発展したから、もうM&Aなんてしない

堀江 前回、働く人の「サラリーマン化」についての話が出ましたが、一方で大企業の中って驚くほど優秀な人がゴロゴロいるんですよね。なのに、なぜ企業として成果が上がらないのか。コングロマリットディスカウント(※1)ですかね。

※1 複合企業化していることで、個々の事業を別個に営むよりも事業価値の総和が低下していると市場に評価されること。シナジーの逆。

藤野 ああ、それはあるでしょうね。

堀江 最近、NHKを辞めたアナウンサーの堀潤さんとニコニコ生放送などをご一緒してるんですけど、やっぱりアナウンス能力は高いし、フットワークも軽いし、いいやつなんです。NHKって彼みたいな基礎能力が高い人がうじゃうじゃいるんだろうな、と思うと末恐ろしい(笑)。最近は、ソニー・コンピュータエンタテインメントの方とお付き合いする機会も多いんですが、やっぱりものすごく優秀な人がいる。土日に日曜大工的にアプリをつくったり、クラウドファンディングやったりしている人もいて、おもしろいんです。この人達が大企業の中でくすぶってる……くすぶってるわけじゃないと思うんですけど、世の中を前に動かす力を発揮できてない状況って、非常にもったいないと思います。もう人材だけでも僕にくれ、と思います。

藤野 みんな、もっと外に出たらいいですよね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
イケてる経営者が日本を救う

藤野英人

日本株ファンドの「ひふみ投信」で抜群の成績を残しているファンドマネージャー藤野英人氏がイケてる日本企業の経営者にインタビューし、投資家の目線で成長の秘密をひもといていく対談連載。50歳未満の「アニキ編」と50歳以上の「オヤジ編」の2編...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yoheimaruyama 映画ソーシャルネットワークでハーバードの学長の言葉に感銘。 4年弱前 replyretweetfavorite

K5_sem スティーブ・ジョブズとスティーブ・ウォズニアックの関係が理想ってことかしら。 約4年前 replyretweetfavorite

yuki4072 とても面白かったので 堀江貴文 ​cakes(ケイクス) https://t.co/PYXCBz3SKz 約4年前 replyretweetfavorite

shigemi_sa 「才能を探すのに資本がいらない」資本以外にもいろんな枠を飛び越えさせるねSNSは  約4年前 replyretweetfavorite