第3回】原発は「オバケやタタリ、ケガレ」になりつつある

世界的な経営コンサルタントであり、オピニオンリーダーである大前研一さんと、『ゼロ――なにもない自分に小さなイチを足していく』(ダイヤモンド社)を刊行したばかりの堀江貴文さんがくり広げる刺激的な対談が始まりました。元原子炉設計者と、現ロケット開発事業者であるエンジニア二人だからこそ語りつくせるテクノロジーの可能性。日本の未来を切り拓くにはどうしたらいいのか。徹底的に語っていただきました。今回は、原発についての理解とコミュニケーションがとても難しいというお話です。最終回の第6回まで一気に、毎日連続更新です!

原発は「オバケやタタリ、ケガレ」になりつつある

堀江貴文(以下、堀江)  原子力って世界共通の問題ですよね。仮に日本が原発をやめたいとか、ドイツがやめたいといったところで、中国はやめるわけないし。本来は各国が足並みそろえて進めていくべきものなのに、なかなか足並みをそろえられない。今後、この問題については、どうするのがベストウェイだと思いますか。

大前研一(以下、大前) まずは福島の現状を勉強してほしい。そうすれば、あのようなことは起こらないという方法が明確に出てきます。

堀江 それは実現可能っていうことですよね。

大前 もちろん。それで、私はそのために400ページを超える詳細なレポートをかいて無料で公開しています。そのなかで、こういう風にすればいいと提言までしていますから。要素はふたつあります。ひとつはハードの上でするべきこと。もうひとつはソフトの面、つまり組織やシステムにおいてこうしないといけないということ。後者については、国がやらないといけない。たとえば、緊急避難を誰がどういう情報で決めるのかとかね。

堀江 それってもうやることは決まっているんですか。

大前 まだ決まってないですね。

堀江 なにかやっているなんて話は、聞こえてこないですからね。

大前 だから、先日新潟知事の泉田裕彦さんが原発再稼働にノーと言っていましたが、あれは正しいんです。東電が直したのはハードの問題だけですから。ハードの問題では納得できても、いざそういうことが起こった時にソフト面での整備ができていない。たとえば柏崎・刈羽の場合、中越沖地震を経験しています。福島みたいに非常事態になったときに、知事から見たら「我々にどのくらい権限をくれるのか」「自衛隊などの発動権は」などがわかっていない。
 3・11のときの緊急避難は枝野さんが一方的に発表しましたね。コレは、その地元自治体と相談、あるいは情報共有してやっていかなくてはなりません。しかも緊急避難のタイミングは「直ちに」と言われましたが、いまとなってみれば1週間後でもよかったわけですよね。そういうことを考えるとソフトの方面の改善は、国が主体的にやらないといけないけど、これは国も自民党もサボっています。まったくやっていませんね。
 ただハードのほうは今回の福島みたいな問題を本当に反省して、調整すれば同じようなことが起こらないでなんとかする方法はあると思うんですよ。

堀江 私は結構前向きな話しだと思います。

大前 そうですよね。飛行機でも何でもそうですけど、科学というものはみんな多大な犠牲を払って前に進んでいくわけでしょう。日本は、やはりエネルギーを外から買ってきている国ですよね。ひとつは日本にあるエネルギーである地熱とかでやるのも手ですし。もうひとつは、やっぱり原子力に関しては、国民とのコンセンサスがとれる限り、動けるものは動かすと。多分54基の原子炉の半分ぐらいにはなると思いますけど。

堀江 今後、PWR(加圧水型発電用原子炉)とか次世代の炉のアイデアとか、実際に動くものも出てきているわけですよね。

大前 いま世界で売れているのは、「AP1000」というタイプです。これからの原子炉は世界中で福島をとことん研究していますから、きっといいものができていくはず。日本に置くなら、あれをほしいなっていうのもありますね。

堀江 設置できないんですか?

大前 今の日本じゃ難しいでしょう。国民が国を信用していないから、ノーと言っていますしね。

堀江 うーん。でも、国民が原子力に反対しているのは、国を信用していないっていうよりは、原子力がよくわかっていないからっていうところのほうが大きいと思うんですよね。

大前 おっしゃるとおり。私は、優れたスポークスマンが誰か1人いればいいと思います。その人がほかのことにおいても、とにかく信頼性を得ているといい。そして、その人が詳しく調べてみた結果、自分はこう考えるということを言えれば、多くの人は理解すると思うんですよね。

堀江 僕もがんばっているんですけどね。どっちかっていうと、みんな原発のことを、オバケとか、タタリやケガレみたいなものだと思っているような感じがするんですよ。

大前 橋下徹さんが以前「私の悩みは、乳飲み子を抱えたお母さんがきて、『この子をどうしてくれるの』っていったときにね、『こういう状況だから大丈夫ですよ』って言ってもこれは説得できないだろうなぁ」って言うわけです。だから、いろんな人とコミュニケーションできる能力を持った人が、「それは大丈夫ですよ、お母さん。大丈夫ですから」と説得できないとダメなんですよね。
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
本気のテクノロジーが世界を変える—大前研一×堀江貴文 対談

大前研一 /堀江貴文

世界的な経営コンサルタントであり、オピニオンリーダーである大前研一さんと、『ゼロ――なにもない自分に小さなイチを足していく』(ダイヤモンド社)を刊行したばかりの堀江貴文さんがくり広げる刺激的な対談が始まりました。元原子炉設計者と、現ロ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sakuyoiti 原発は「オバケやタタリ、ケガレ」になりつつある| 5年弱前 replyretweetfavorite

wck954 寂聴:「でもね、いままでずっと反原発って言い続けてきたんだから、堀江と会ってコロッと考え方を変えたって言えるわけがないじゃないの。」/原発は「オバケやタタリ、ケガレ」になりつつある 大前研一×堀江貴文 @takapon_jp http://t.co/tI0qFOkzEA 5年弱前 replyretweetfavorite

ko_kishi 原発は「オバケやタタリ、ケガレ」になりつつある| 5年弱前 replyretweetfavorite

loveandzero 原発は「オバケやタタリ、ケガレ」になりつつある|本気のテクノロジーが世界を変える――大前研一×堀江貴文 対談|堀江貴文 @takapon_jp /大前研一|cakes(ケイクス) https://t.co 5年弱前 replyretweetfavorite