生物化・福島第一原発観光地化計画・世界情勢

お待たせしました、「新・山形月報!」の最新回は、次の本を取り上げています! デニス・シャシャ、キャシー・ラゼール『生物化するコンピュータ』(講談社)、東浩紀編『福島第一原発観光地化計画』(ゲンロン)、関満博『東日本大震災と地域産業復興 Ⅲ』(新評論)、パスカル・ボニファス、ユベール・ヴェドリーヌ『最新 世界情勢地図』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、クリストファー・アレグザンダー『ザ・ネイチャー・オブ・オーダー』(鹿島出版会)です。山形さんがどうレビューしたか、ぜひ読んでみてくださいね。

ご無沙汰。しばらく日本にいない時期が続いたので、日本でどんな本が出ているのかもつかめず、さらに読もうと思ってこちらに持ってきた本はいまひとつのものが多くて、途中が少し空きました。申し訳ない。

が、持っていった中でめぼしいものとしては、デニス・シャシャ、キャシー・ラゼール『生物化するコンピュータ』(講談社)がある。いま、いろんな分野—金融、医療から工学などなど—で、従来のデジタルで機械的なアプローチに加えて、生物の行動や自然現象を参考にして取り入れようとする動きがある。そんな最先端の動きを、16人の研究者に焦点をあて、その個人史まで含めてあれこれ説明することで解説した本がこれだ。

生物化するコンピュータ

生物化するコンピュータ

たとえば人間は怪我をすれば、ある程度は自力で勝手に直る。機械や既存のコンピュータはそうはいかない。ムカデやゲジゲジは無数の足を整然と使って動くけれど、それをプログラミングするのは実に面倒だ。大した頭も神経系も持たない昆虫は、はるかに計算力があるはずのロボットよりも実にスムーズかつ見事に動く。自分で学び、勝手に動き、解決策を見つける。これを機械に取り入れてやらせることはできないものか? すぐにモノになる技術ではないにしても、分野全体の大きな動きから、今後重要になりそうな思いつきを拾い出す著者の目の付け所は、大したものだ。いますぐどうこうという技術ではないけれど、今後半世紀くらいで、ここに挙がったいくつかは重要なアプローチとして出てきそう。世界を常に本当に変えてきたのは技術なのだから。

その一方で、多くの日本人はいま「技術」というとすぐに原発の話に頭がいく。それについておもしろかったのが、東浩紀編『福島第一原発観光地化計画』(ゲンロン)。福島の原発跡地をどうするかは、今後あの事故とどう向き合うかを考える中でも重要。それについて、観光地化して廃墟/事故地観光により地域の再生と記憶の持続をはかろうという話だ。

着想は非常におもしろいし、それを具体的にどうやるか、何をどう見世物にして行くかについて、建築的なアプローチやデザイン、廃炉のやり方との関係、地域復興との関わりまで、思いつきの羅列にとどまらないかなりしっかりした検討が行われている。どんな施設を置いたらいいか、アクセスはどうする、そして(くだらないけれどかならず問題になる)不謹慎じゃないかとかいう揚げ足取りとどう向き合うかについての考察がなされているのだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
新・山形月報!

山形浩生

経済、文学、コンピュータなどの多方面で八面六臂の活躍をする山形浩生さん。その山形さんが月に一度、読んだ本、気になる現象について読者にお届けする密度の濃いレポートです。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

genroninfo 「着想は非常におもしろいし、それを具体的にどうやるか、何をどう見世物にして行くかについて(…)思いつきの羅列にとどまらないかなりしっかりした検討が行われている。」 第25回  約4年前 replyretweetfavorite

agyrtria 確かに今回は当たりが少ない。でも、面白いな。山形さんも「有機的建築論」と腐れ縁があるのかw 第26回  約4年前 replyretweetfavorite