ダレン・アーモンド 追考」—現実と記憶の交錯

小泉八雲、クエンティン・タランティーノ、レディー・ガガの共通点は? そう、日本文化に多大なインスピレーションを受けたアーティストであること。茨城県の水戸美術館で現在企画展が開催されている芸術家ダレン・アーモンドも、彼らと同じく日本文化に魅了され、作品をつくり続けています。彼の故郷であるイギリスの炭坑街の記憶をたどる作品から、比叡山で行なわれ続けている厳しい修行を追いかけた作品まで、彼の手がけるアートには、時の流れと現在の私たちの心とをつなげてくれる不思議な力がありますよ。

茨城県水戸市の観光地といえば、まずは偕楽園が浮かびます。金沢の兼六園、岡山の後楽園と並んで、日本の三大名園として名高いものです。

その名勝・偕楽園と並ぶとまで言えるかどうかはわかりませんが、水戸には近年、広く人を呼び寄せる場所がもうひとつ。JR水戸駅からも近い、水戸芸術館です。磯崎新が設計した建築で、敷地内には巨大なタワーが聳え立ち、地域のランドマークとしてもよく目立っていますよ。

館内のギャラリーでは主に現代アートを扱っていて、オリジナリティあふれる企画展が頻繁に開かれています。現在開催中の「ダレン・アーモンド 追考」も、ここでしか味わえない体験ができる展示となっていますよ。

ダレン・アーモンドは1971年生まれ。英国中部の炭鉱町ウィガンで育った影響もあるのでしょうか、映像、写真、オブジェなどを組み合わせた作品はスタイリッシュでありながら、どこか哀愁や人肌の温もりのようなものも強く感じさせます。

たとえば、暗い室内で何本もの映像を同時に上映する《Traction》という作品。メインの映像は、自身の父親にインタビューしたものです。画面のなかで彼の父親は、身体のあちこちに残る傷について話をしています。数々のエピソードを通して、炭鉱町に生きる人々の暮らしぶりが浮き彫りにされていきます。アップで映し出された父親の憂いを帯びた顔。訥々と思い出を語る、しわがれた小さな声。わたくしたちにとっては見知らぬ人物なのに、映像と対面していると、なぜか懐かしさと切なさで胸がいっぱいになってしまいます。


《Traction》1999年 (展示風景), Courtesy Galerie Max Hetzler, Berlin / Jay Joplin White Cube, London / the artist

比叡山で古くから続く厳しい修行、「千日回峰行」を追いかけた映像で構成されるのは、《Sometimes Still》という作品。暗闇のなかにぼんやりと山中の僧の姿が浮かび、経を唱える低い声が展示室内に響きます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
アート・コンシェルジュからの便り

山内宏泰

世に“アート・コンシェルジュ”を名乗る人物がいることを、ご存じでしょうか。アートのことはよく知らないけれどアートをもっと楽しんでみたい、という人のために、わかりやすい解説でアートの世界へ誘ってくれる、アート鑑賞のプロフェッショナルです...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

BD_79 [今なら無料!] 4年以上前 replyretweetfavorite