第0回】1周年記念インタビューの依頼をしてみたら!

9月からcakes1周年記念として、さまざまな企画を行ってきました。おおとりを飾るのは特別インタビューです。この1周年に、webメディアの大先輩であり、大きな目標である”あの方”に話をうかがいたい。そんな気持ちで手紙をしたためた、cakes代表加藤の気持ちは届くのでしょうか。まずは加藤による前文からお届けします!

cakesの代表の加藤です。こんにちは。

2013年の9月11日に、cakesは1周年をむかえました。
これまでに購読していただいたかた、読んでいただいたかた、
そして寄稿していただいたみなさん、ありがとうございます。
みなさんのおかげで、チーム一同、やってくることができました。

準備段階も含めて、もう2年ちかくcakesの仕事をしています。
2012年の春に、どんなサイトにしようかを考えました。

インターネット上に、クリエイターと読者をつなぐ場所をつくりたい。
そこには、なにが必要なんだろうか?

ネットは情報がはやいんだから、いろんなおもしろいひとのインタビューがほしいな。
80年代の雑誌みたいに、新しいエッセイストやコラムニストが生まれる場にしたいな。
ウェブなんだから、写真もたくさん載せたいな……。

そこまで考えて気づきました。これ『ほぼ日』じゃないか。
もう、ほぼ日が、ぜんぶやってるのか!

ぼくは糸井さんじゃないので、同じことはできません。
単純に似たことをやっても、いい感じにはならないでしょう。
そのあといろいろ考えて、実際にやってきたことについては、
みなさんにご評価をいただくしかないのですが、
ずっとそのことを考え続けて、今日をむかえています。

cakesの1周年を記念してインタビューをする方をということで、
まっさきに思い浮かんだのは糸井さんです。
聞きたいことが、やまほどあります。

思い切って、こんな手紙を書きました。

(手紙を出す数日前に大根仁監督の映画「恋の渦」のトークショーに
出演されたのを訪ねて、ご挨拶をしました。その話から始まります)


前略 先日は『恋の渦』のトークショー後に、
ご挨拶させていただきありがとうございました。
ずっと昔からファンだったので、とても光栄でした。

私は、今年40歳になります。糸井さんのことは、子供のころから拝見しています。


はじめは、埋蔵金を掘ったり、キムタクと釣りをするひととして出会いました。
そして「MOTHER」の糸井さん、「ほぼ日」を始めた糸井さんを目撃しました。
就職して編集者になったあとも、もちろんずっと見ています。

私は以前、いくつかの出版社で働いていたのですが、
『もし高校野球の女子マネージャーが『ドラッカー』を読んだら』
という本の編集を担当した際、ほぼ日のみなさんといっしょに
お仕事をする機会をいただきました。
奥野さん、木下さん、佐藤オトヤさんなどにお世話になりまして、
みなさんがまとっている「ほぼ日な雰囲気」と、お仕事に向かう姿勢に
感銘を受けました。

いま私は、ウェブで有料コンテンツをつくって配信するための仕組みと、
その上で配信するメディアをつくる会社を運営しています。
出版社をやめてこんなことをはじめた理由は、
一言で言うと、電車の中がスマートフォンを見ている
ひとばかりになってきたからです。
出版の未来、クリエイティブの未来を危惧してということもありますが、
作り手として、こんなに伸びてる場所で、こんなにみんなが使ってる場所で
やらないわけにはいかないという思いがいちばん強いです。

cakesは、この9月にようやく1周年を迎えました。
インターネット上に、これから先、ものづくりをする人たちのための、
新しい「場所」が必要だと思ってつくったサイトです。
まだまだよちよち歩きですが、これまでに200人以上のかたに登場いただきました。

会社をはじめて、日々、驚くことばかりです。
組織づくりもはじめてですし、ネットメディアをつくるのもはじめてです。
なにかを思いついたときや、新しい気づきを得た後に、

「あ、これはもう、ほぼ日にあるのか」
「そうか、ほぼ日はだからこうしてるのか」

ということがしょっちゅうあります(いちばんの驚きは
「糸井さんはこれを15年もやっているのか!」ということです)。
 私にとっての糸井さんが、ネットメディアをつくった先輩、
会社組織をつくって勝負している先輩、というふうに、また変化しました。

たいへんずうずうしいお願いがひとつあります。
いちど、お話をうかがう機会をいただくことはできないでしょうか。
可能であれば、cakesに掲載するインタビューとしてできればと思っております。

お伺いしたいのは、インターネットとメディアの未来についてです。
糸井さんがどう考えてほぼ日をつくったのか、
これまでやってきてどう感じたのか、
これからどうしようと思っているのかをうかがえれば、
みんなの未来が見えてくるのではないかと考えています。

たいへんお忙しいところに、お願いをしてしまい恐縮しています。
ご検討いただければ幸いです。

糸井重里様

2013.10.14 加藤貞顕拝

パソコンでの下書きを、便箋に書き写し、ポストに投函しました。

翌日のお昼すぎ。歩きながらスマートフォンでメールを確認したら、

「糸井重里です。」

と、ありました。メールを開くと、


From: 糸井 重里
Sub: 糸井重里です。


加藤貞顕さま

糸井重里です。
お手紙をありがとうございました。

よくやってるチームだなぁ、と思って注目していたので、
インタビューのおはなし、よろこんでお受けします。
少々、馬齢を重ねているといいますか、年長さんですので、
その分だけ、失敗や心配も数多くやっているかもしれません。
加藤さんのさまざまな冒険や決断の話も、
ぜひ聞かせてください。

スケジュールにつきましては、
マネージャー役の小池花恵にCCしておきますので、
彼女と決めてください。
たのしみにしています。

よろしく お願いします。
ありがとう ございました。

iPadから送信

なんだかもう、圧倒されました。

こんなに短いメールなのに、言葉の力がちがいます。

ぼくらを褒めてくれる言葉に「チーム」という単語があったことが印象的でした。
まさに、そのことがいちばん聞きたいことだったからです。

ぼくたちがやろうとしてることをひとことでいうと、

インターネット上に新しいクリエイティブの場をつくる

ということです。
そのための会社運営でも、日々、悩みはありますし、
そして、それを社会全体に広げようとしてやっています。
そのためのヒントは、ほぼ日の歩みの中にあるのではないか?

ということで、インタビューをさせていただくことになりました。
その模様を、来週月曜日から連載で配信します。
ぜひ、ご覧になっていただければ幸いです。

cakes代表 加藤貞顕

ケイクス

この連載について

糸井さん、ぜんぶ聞いてもいいですか?

cakes編集部

9月からcakes1周年記念として、さまざまな企画を行ってきました。おおとりを飾るのは特別インタビューです。この1周年に、webメディアの大先輩 であり、大きな目標である”あの方”に話をうかがいたい。そんな気持ちで手紙をしたためた、c...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

cho_co7 メモ https://t.co/rAd9RZpRXL 3ヶ月前 replyretweetfavorite

SueyoshiHiro 今さらながら発見!!糸井さんとcakes、noteの加藤さんの出会いのメールのやり取り、とっても大好きです。 1周年記念インタビューの依頼をしてみたら!|cakes編集部 | 約1年前 replyretweetfavorite

fumiken 糸井さんと加藤さんの出会いのお話。ぼく、このメールのやりとりが大好きなんです。 1年以上前 replyretweetfavorite

elastic_g 2年前にもうあった。もっと!の先。>>> 2年弱前 replyretweetfavorite