みんなで作るのも楽しい「ポルトガル風えびクリームコロッケ」[第30回]

ぐっと気温が低くなり、肌を刺すような北風に肩をすぼめるようになってきた今日このごろ。こんな季節だからこそ食べたくなる料理があります。そのひとつがホワイトソース料理。グラタンやクリームシチューなど、定番と呼ばれるものは数ありますが、バダサオリさんのレシピはひと味違います! 今回はこの季節にピッタリの、外はサクサク、中はホクホク「ポルトガル風えびクリームコロッケ」をご紹介します!

みなさんこんにちは。

いよいよ本格的に寒くなってきましたね。
手持ちのコートは全部出したし、
テレビを見ると北の方では雪も降ってるし、
そうか、もう冬って本格的に始まってたのか、と思って暦を調べたら、
2週間近く前にとっくに立冬を過ぎていました……。
知らなかったのって私だけ、かな。

そして今は小雪(こゆきじゃなくて、しょうせつ)だそう。
雪もちらつく寒さ、
という感じらしい。
字面からして、もうすっかり冬だったんですね。

立冬は中国で考案された二十四季節が元になっていますが、
中国と日本の気候的な違いや地理的な差もあるから、
いつも暦通りに季節を感じるわけではないけれど、
それにしても
冬を実感し始めるタイミングって、
年を追うごとに遅くなっている気がします。

暦ではなく、
肌で感じる本格的な冬が始まったとなると、
やっぱりあったかいものでぽかぽかになりたい気分。
チーズふつふつのグラタンやほかほかのクリームシチューなど、
ホワイトソースものも恋しくなってきますね。

そんな寒い冬のぽかぽかおつまみに断然おすすめなのが
ポルトガルの定番スナック「Rissois(リッソイシュ)」

肉や魚介系のホワイトソースを半月型の生地で包んで
コロッケみたいにパン粉をつけて揚げたもの。
「ポルトガル風クリームコロッケ」といった感じかな。

コロッケと大きく違うのは、
ソースがカリッと揚がった皮に包まれている点。
ポルトガルでは、カフェや軽食屋に並んでいたり、
レストランの前菜などでも見かけます。
気軽で食べやすいサイズ感の、
お惣菜のような、おつまみのような、おやつのような存在。
ポルトガルでは皮から手作りすることが多いけど、
私はもっとラクして作りたいので
日本にある便利で手軽なアレを使います。

私がポルトガルで一番食べたRissoisはえび入りが多かったので、
今回はホワイトソースにえびをイン。
「ポルトガル風えびクリームコロッケ」を作ります。
えびが苦手な人は鶏肉などでもいいですね。

では早速!
材料はこちらです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ポルトガル食堂

馬田草織

ポルトガルや南蛮絡みのエピソードが大好きな編集者・ライターの馬田草織さんが、仕事現場や旅先、日常で気になった食のサムシングと、それにちなむおつまみ&ぴったりなお酒を月替わりでご紹介していく、家飲みも外飲みも楽しむ人へ捧げる至福のほろ酔...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yotaropg とても美味しかった。家人にも好評。少しトロミ多めの方が包みやすいと思う。 4年弱前 replyretweetfavorite

yotaropg 今晩のおかずはこれにしてみよう。 4年弱前 replyretweetfavorite

y_kie (´-`).。oO( みなさん、帰って作りましょう! 絶対おいしいやつですよ!! 4年弱前 replyretweetfavorite