第3回】治療費のカラクリ(中編)

保険診療だけでは食えない歯医者たちが保険外の自由診療で患者争奪を繰り広げている。単価の高さが自由診療のうまみだったはずが、競争激化の中で今や値引き合戦に陥っている。(中編)

インプラント、
ホワイトニング、
矯正治療が総崩れ

 インプラントに比べて、歯を漂白するホワイトニングは投資負担が軽く、手を出しやすい。ところが、「ホワイトニングでもうけられる歯科診療所はほとんどない」(業界関係者)のが実態だ。

 歯科診療所で施術するオフィスホワイトニングの場合、1回で2万~5万円程度が相場だ。施術は、薬剤を歯に塗り、ライトを当てる。この薬剤が結構高く、1万円ほどかかる。それでも3万円で施術した場合、3割程度は利益が出る計算となる。

 にもかかわらず、なぜもうからないのか。それなりに価格が高いため、患者が思うように集まらないからだ。

 中には、1万円といった格安価格で提供する歯科診療所もあるが、その場合は採算割れであることが多い。ホワイトニングは“餌”であり、まずは格安ホワイトニングで集客して、オールセラミック(歯を削って白いセラミックのかぶせ物をする)などの高額治療に誘導していくのだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
もうダマされない! 歯医者の裏側

週刊ダイヤモンド

歯医者数が10万人を突破した。明らかな供給過剰であるため患者争奪は激化している。技術も知識もないまま新しい治療法に手を出したり、過度なもうけ主義に走る者も存在する。だまされずに、いい歯医者と治療法へたどり着けるよう、歯医者と業界の見え...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

water029 もうダマされない! 歯医者の裏側 保険診療だけでは食えない歯医者たちが保険外の自由診療で患者争奪を繰り広げている。単価の高さが自由診療のうまみだったはずが、競争激化の中で今や値引き合戦に陥っている。(中編) https://t.co/vjhQmyl3s0 5年弱前 replyretweetfavorite