第4回】アップルの次期目玉製品は小型タブレットにテレビ?

アップルの未発表の製品については謎につつまれている。にもかかわらず、インターネット上の掲示板のみならず、新聞社やテレビ、そして実際のビジネスの現場でも無数の情報やうわさが飛び交っている。それというのも、いざ発売されたら、大きな経済圏となってビジネスを生むからだ。本誌も独自取材の中で、アップルの“未来の製品”の片鱗を見ることができた。

アジア各地の部品メーカーが
虎視眈々

 「アップルは必ず、テレビのようなディスプレイ商品を出しますよ」

 9月中旬、台湾の首都・台北市中心部にある洒落たカフェで、小ぎれいなシャツをまとった男性が本誌記者にそう言い放った。

 この男性の職業はアナリスト。アップル製品のサプライチェーンの専門家で、「鴻海精密工業はすでに、アップルが計画しているテレビ用の5.7インチの液晶付きリモコンを試作しています」としっかり語った。鴻海とは、アップルのiPhoneの生産を引き受けている台湾の大手EMS(電子機器受託生産サービス)企業だ。

 このアナリストは昨年秋、企業向けに配信しているレポートで、アップルがより小さなタブレット型端末、通称「iPad mini」の発売を計画していると予測。当時は英語メディアでも一切報じられていない内容だったため、現地では「世界で初めてiPad miniをスクープした男」として、ちょっとした有名人になっていた。

 「断言はできないけれど、テレビもそんなに遠くないと思うよ」。男性は笑いながらうなずいた。

 アップルの未発表の製品については謎につつまれている。

 にもかかわらず、インターネット上の掲示板のみならず、新聞社やテレビ、そして実際のビジネスの現場でも無数の情報やうわさが飛び交っている。

 ブログなどでは、思わず噴き出してしまいそうな珍妙なモックアップ(模型)も多いが、「ついクリックして見てしまう」(部品メーカー社員)。それというのも、いざ発売されたら、大きな経済圏となってビジネスを生むからだ。

 本誌も独自取材の中で、アップルの“未来の製品”の片鱗を見ることができた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
日本を呑み込むアップルの正体【1】~ものづくり日本に広がるアップル支配

週刊ダイヤモンド

今年9月、iPhone5の発表を機に、アップルの時価総額は6579億ドルに達し、「史上最も価値の高い会社」となった。その規格外の強さは、まさに常識はずれの経営スタイルにある。アップルのビジネスに巻き込まれた企業・産業は例外なく、その激...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード