楽天セールの不当表示問題にみる、日本人の「買い物」観

楽天の優勝セールにおける二重価格の不当表示問題は、ますます普及するネットショッピングの信頼を大きく損なう出来事でしたが、実は今に始まったことではありませんでした。なぜ二重価格がこれほど問題になるのでしょうか? 日本人の特殊な「買い物」スタイルについて考察します。

11月3日にプロ野球球団、東北楽天ゴールデンイーグルスが日本シリーズで優勝しました。東北の地に設立されたプロ野球球団が、2年前の大震災を乗り越えて地域一丸となって優勝したことに、胸が熱くなった方もたくさんいたことでしょう。

しかし一方で、優勝当日夜から始まった楽天の「日本一セール」では、一部出店者が通常価格をつり上げたうえで割引率を高く見せるなどの不当表示を行っていたことがネットユーザーから指摘され、大きな問題になりました。ちょうどセール終了直後の7日が上半期の決算発表のタイミングであったこともあり、マスメディアへの説明も1回目はあいまいなままに終始。その5日後の2回目の記者会見で、当初の説明内容は一部誤っていたことなどが明らかになり、さらに違反した店舗への処分が甘すぎるなどとして会見は荒れました。

星野監督の胴上げの瞬間の写真をいち早く掲載したイーグルスのツイッターのつぶやきはその瞬間に6万以上もリツイートされ、優勝セールでは一時期アクセスが殺到してトップページが表示されなくなるほどの集客に成功した楽天ですが、価格表示の問題でもネットで"炎上"し、イメージを落としてしまいました。

2回の記者会見の様子と、その後の高橋理人常務へのインタビューは、以下の記事をご覧ください。

楽天日本一セールで不当な価格表示の疑い、20店舗で1000商品を確認 - ITmedia ニュース

“1万2000円のシュークリーム”は楽天が価格チェック済みだった 「ルール甘かった」と三木谷社長が陳謝 - ITmedia ニュース

「楽天市場」が性善説に立っていた理由 :日経ビジネスオンライン

今回のコラムでは、この二重価格の不当表示がなぜ起き、ここまでの問題となったのかについて、少し考察してみたいと思います。

不当表示問題は過去にも繰り返されてきた

ところで、ネット通販における価格の不当表示の問題は、楽天に限った話でもないし、今に始まったことでもありません。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
R30::リローデッド

川上慎市郎

グロービス・マネジメント・スクールでマーケティングを教える川上慎市郎さんが、若手ビジネスパーソン向けに、マーケティング、メディア、そして教育について、深くやさしく解説をします。かつて有名ブログ「R30::マーケティング社会時評」を運営...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

water029 【第32回】 5年弱前 replyretweetfavorite

t_take_uchi 【第32回】 5年弱前 replyretweetfavorite

KSKSKSKS2 【第32回】 5年弱前 replyretweetfavorite

garagevoice 「安さ」という価値しか理解できず、その「値頃感」も「セールですよ」と言ってもらわないと分からない我々……。|【第32回】 5年弱前 replyretweetfavorite