第9回】「お前、それは浪曲だぞ」。

前回に引き続き、人の育て方について糸井さんにお話をうかがいます。クリエイティブな仕事ほど再現がむずかしく、なかなか人に教えることができません。それでも、「ほぼ日」というクリエイティブな組織を実現している糸井さんは、どんなことに気をつけているのでしょうか。その秘密を解き明かします。(構成:古賀史健

糸井 もうひとつ思うのは、人をどう育てていくかって、「自分がどう育ったか」と深く関係してるのかもしれないですね。

加藤 自分がどう育ったか。

糸井 やっぱり、ひとって「覚えのあること」をしたがりますから。ぼくはずっとフリーだったんで、上司もいないし、ちゃんと怒られるってことがなかったんですよ。自分で「あ、これじゃかっこわるいな」とか「これだとあいつに負けるな」とか。あるいは「これだと華々しくないな」とかね(笑)。そうやって修正していくしかない。

加藤 フリーランスの方はそうするしかないですよね。

糸井 うん。ぜんぶ自分で判断して、大きな勝負になってくると「引き算をして、足し算をしてやれっ!」みたいに仕事したりとか、さ。そういう愉快犯をずっとやってきたんです。しかも、その愉快犯っぽいところが、いちばんクリエイティブを支えてきたと思ってるんで。逆に、よくある100本ノックみたいなことはしたくなかったし、弟子に対してもやったことないですね。いつでも「1本出せ」ですから。

加藤 それもじゅうぶん怖いですけど(笑)。

糸井 でも、その緊張感がないと。「あとで打席が回ってくる」と思いながらチャンスで打てるやつはいないですよ。「この打席しかない」と思ってないと、チャンスじゃ打てない。トータルで打率を見るのは試合が終わってからなので。

加藤 なるほど。たしかに緊張感、大事です。

糸井 そういえば最近、いちばんうなされた夢があって。できもしない仕事を引き受ける夢でさ、ぼくが舞台袖にいて、幕の袖から覗くとお客さんがいっぱいに集まってるの。どうやらぼくが舞台に出るみたいで。

加藤 ええ。

糸井 それで、どこかから「いようっペンペンペン」って三味線の音が聞こえてきて、ちょっと待てよと思ったら……浪曲なんですよ。これからおれが、浪曲をやるんですよ。

加藤 わはははは。

糸井 「いっけねぇー! 引き受けちゃったー!」って(笑)。

加藤 そんな直前に(笑)。

糸井 「どーしてここまで気がつかなかったんだ?」って(笑)。浪曲のさ、出だしの「妻は夫をいたわりつ……」なんかは知ってるんですよ。それで知ってるつもりで引き受けちゃったんだけど、「そのあとなに?」って(笑)。

加藤 うわー。

糸井 これからぼくがやる失敗って、たぶんこればっかりだと思うんです。だから、引き受けないようにしています、極力。そりゃね、専門じゃないところでいい気になってしゃべってた時代も、みなさんと同じようにあるんですけど(笑)。

加藤 ははは、痛てててて(笑)。

糸井 だから、ぼくはいってあげます。「お前、それは浪曲だぞ」と(笑)。

加藤 ははははは。

糸井 それは浪曲だぞ、おぬし(笑)。

加藤 いい気になって、できもしない仕事を引き受けるな、と。

糸井 もしかすると、これってcakesにもつながる話かもしれない。いくら出だしを知ってても、1本通して浪曲できないと、「おれは浪曲ができる」とはいえないんですよ。

加藤 ええ、ええ。

糸井 やっぱり、出だしの「妻は夫をいたわりつ……」までを歌って「はい、最後まで聴きたい人は10円ください」っていうのと、ぜんぶ歌いきったあとに「お粗末!」って頭を下げて、「下手だったな-。うん、200円払うよ!」となるのじゃ、同じ下手でも10円のほうがお金を取りにくいんですよ。

加藤 うーん。

糸井 たぶん、ね? だから、どういうかたちがベストなのかわからないけど、ひとまず最後まで歌いきって、「うん、これでいいや」となってお金を出してもらうほうが、飛べるような気がしますね。

加藤 なるほど。

糸井 でも加藤さん、きっとおもしろいことあると思う。釣りでいうと、少なくともあのボートの動かし方は最高にかっこいいですから。二村ヒトシさんの恋愛ものとかさ。 彼とはぼく、むかし会ったことがあって。もう、とにかくスケベでへんなやつなんですね(笑)。

加藤 ええ、スケベでへんな方ですねえ(笑)。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
糸井さん、ぜんぶ聞いてもいいですか?

cakes編集部

9月からcakes1周年記念として、さまざまな企画を行ってきました。おおとりを飾るのは特別インタビューです。この1周年に、webメディアの大先輩 であり、大きな目標である”あの方”に話をうかがいたい。そんな気持ちで手紙をしたためた、c...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hazkkoi ほぼ日の原動力。”もし、ぼくが多少なりとも、ほかの人よりたくさんやってることがあるとしたら、やっぱり誰かのやった「いいこと」を見つけることですよね。もう、しょっちゅう「いいなぁ! やってみたいなぁ」と思ってるわけです。”https://t.co/7TvoAvquVJ 4年以上前 replyretweetfavorite

sadaaki といいつつ、これは先日糸井さんに言われた「浪曲」ではないかと、ドキドキしていたりもします。 5年弱前 replyretweetfavorite

zzyoko この記事読んでゼロが読みたくなったので読んでる。 5年弱前 replyretweetfavorite

19031903 さらにもひとつ。経営者として本当に大切だなと思うこと…これくらい圧倒的なものが見えなる経営者・人に付いて行くべき。 糸井 でも、根っこのところでいうと、ぼくが田中マー君の役割をしなきゃダメですよね。 https://t.co/tDE2SE65EG 5年弱前 replyretweetfavorite