第8回】社員を育てる、ということ。

cakesのCEOとして加藤が抱える悩み、「社員の育成」について糸井重里さんにお聞きしました。「リーダーはみんなの上に立つんじゃなくって、みんなの先頭に立つんだ」という言葉に納得はできるものの、では実際にどうすればいいのか。その質問に対し、糸井さんは「弟子」と「社員」の違いについて話し始めます。(構成:古賀史健

加藤 そのへんの社員の育成について、聞かせてください。たとえば、編集のスタッフが企画を出してきたとき。あるいは、エンジニアがシステムの仕様を出してきたとき。どっちも「これじゃイマイチだよね」って直してもらうことが日々あるんですよ。

糸井 うん、そうでしょう。

加藤 でも、それをくり返していると、社員がぜんぶに対して「これでどうでしょうか」って確認しにくるようになる。自分で判断できるようになる機会をうばっているわけです。これって、すごくよくない循環ですよね? このままだと組織として強くなれないし、大きくなれない。なんとかしたいんだけど、解決策がわからないんです。

糸井 はい。

加藤 ほぼ日の場合、あの「unusual」の対談を拝見すると、「ピラミッド型の組織を横に倒して、船のようなかたちになるんだ」「リーダーはみんなの上に立つんじゃなくって、みんなの先頭に立つんだ」といったお話がありました。あれも「なるほど」と思う反面、「じゃあ具体的に、どうやってそれをやるの?」という気持ちもある。たとえば糸井さんの目から見て、イマイチな企画や原稿が上がってきたときどうしているのか。どうやって船型の組織を運営しているのか、ぜひ教えていただきたいんです。

糸井 悩むところですよね、うん。

加藤 とくにクリエイティブな部分になると、かなり組織化がむずかしい気がして。

糸井 そこはね……。

加藤 はい。

糸井 ……ずばり、加藤さんが「弟子」と「社員」とを、ごっちゃにしてるんじゃないですか?

加藤 うわーっ。あいたたたたた。

糸井 うん。弟子っていうのは、極端にいうと叩いてもいいんですよ。その人がひとりで食っていくために「原料」を仕込んでいるところなんで、麦踏みしてもいいんです。そりゃ実際に叩きはしないけど、自尊心をズッタズタにしてもいいし、そこまでされても向かってきてくれる人じゃないと、その宗派の教えは伝わらないですよ。

加藤 ああー、そうですよね。

糸井 じゃないと、弟子になる意味がないし。そこまでする、っていう体力もこっちはかけてるんで。弟子と師匠の場合、弟子がつぶれるというパターンは大いにあると思います。

加藤 なるほど。

糸井 ぼくも弟子にあたる人をとった時代はあったし、そういう人も何人かいまして。うん、もう正直にいいますけど、基本的にはつぶしました。

加藤 うーん……そうでしたか。

糸井 ええ、つぶしてしまいました。でも、その手前で送り出した人は、ちゃんと自分で持ち直して、なんかしてます。友達のところでいったん拾ってもらえたり、独り立ちしたり、いろんなケースがあります。それは、つぶしきらないところで出てもらったんでしょうね。もともと、なにもない子を弟子としてとることはしないですから。芽があって弟子にしているわけなので、芽をつぶさないうちに出しちゃった子は、食っていけてます。

加藤 むずかしいお話ですねえ。

糸井 でも、弟子っていうほどなにかを伝えられたかというと、たぶんできてないです。そうですね、やっぱり厳しかったですよ、それは。

加藤 ちょっと想像できないですね、厳しい糸井さんって。

糸井 いやぁ、きついですよ。いっちばん嫌味なのはさ、「おれはもう口出ししないから」って、仕事を丸投げするんですね。ぜんぶお前がやってみろって。

加藤 はい。

糸井 で、封筒ひとつ渡して「締切までにできなかったらこれを開けて、どっちがいいか比べろ。それで、いいと思ったほうを出せ」って。

加藤 つまり、封筒の中には糸井さんがつくったコピーなり原稿なりが入ってる?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
糸井さん、ぜんぶ聞いてもいいですか?

cakes編集部

9月からcakes1周年記念として、さまざまな企画を行ってきました。おおとりを飾るのは特別インタビューです。この1周年に、webメディアの大先輩 であり、大きな目標である”あの方”に話をうかがいたい。そんな気持ちで手紙をしたためた、c...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

reiko_kmd こういう視点でいうと、前の会社はわりと社長なり上司なりの「弟子」だったな。 1年以上前 replyretweetfavorite

h_matsuyama 弟子と社員かぁ。なるほど! 2年弱前 replyretweetfavorite

hosomiya0317 このエントリーを全文読みたいがために、cakesに有料登録した(笑)。 2年以上前 replyretweetfavorite