第2回】最先端工場が患うアップル依存症候群

日本で初めての「アップル倒産」が起きた──。今年8月10日、小型モーターが主力の電子部品メーカー、シコー(神奈川県大和市)は85億円の負債を抱えて経営破綻、民事再生法の適用を申請するに至った。シコーで起きたことを、人ごととして笑うことはできない。日本の大手家電メーカーの最先端工場も、じつはアップルビジネスにどっぷり浸かっている。

依存度の膨張で
ついに“アップル倒産”まで

 日本で初めての「アップル倒産」が起きた──。その事件の序章は、昨年8月までさかのぼる。

 「アップルは必ず注文してくるはずだ。生産の準備をしろ」

 小型モーターが主力の電子部品メーカー、シコー(神奈川県大和市)。白木学社長は、アップルからiPhone4S用の大量発注がないことに苛立っていた。同社は世界に先駆けてスマートフォンの小型カメラに使う、自動焦点用モーターを開発。アップルが指名買いをした“特別な存在”という自負があった。

 おカネもつぎ込んだ。前年には公募増資で5億円強を調達。アップルの需要を見越して、クリーンルームの新設や、組み立てに使う大量の顕微鏡の購入費に充てた。

 「アップルの担当者からは、増やせ、増やせ、増やせ、と言われ続けていた」(同社関係者)

 しかし、事態は思わぬ方向へ動いていく。

 「アップルがコストダウンのできない取引先を切っていくらしい」

 競合メーカー幹部は同じ時期、そんな情報を耳にしていた。ただの値引き話ではない。コストダウンに必要な先端設備の導入コストに耐え得るかどうか、アップル社員が取引先の財務状況を細かくチェックして回るというのだ。

 じつはシコーは2007年ごろ、為替デリバティブに手を出していた。それが円高で、11年には「毎月5000万円のキャッシュが消えていた。それがアップルの目に留まってしまった」(関係者)。

 それでも何とか投資を続け、納期を守ってきたのも事実だった。

 しかし、シコーに大量発注が来ることはなかった。知らぬ間に競合のアルプス電気が、同様の製品を作る最新鋭全自動化ラインを作り、アップルはくら替えしていた。

 「大口受注が突然なくなった」(白木社長)。今年8月10日、シコーは85億円の負債を抱えて経営破綻、民事再生法の適用を申請するに至った。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
日本を呑み込むアップルの正体【1】~ものづくり日本に広がるアップル支配

週刊ダイヤモンド

今年9月、iPhone5の発表を機に、アップルの時価総額は6579億ドルに達し、「史上最も価値の高い会社」となった。その規格外の強さは、まさに常識はずれの経営スタイルにある。アップルのビジネスに巻き込まれた企業・産業は例外なく、その激...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード