印象派を超えて—点描の画家たち」展—美の追求者たちの華麗なる挑戦

あまたある絵の技法のなかでも、科学的理論をもとに発達したものといえば? 答えは「点描」。今回アートコンシェルジュがご紹介するのは、六本木は国立新美術館で行なわれる「印象派を超えて——点描の画家たち」展です。大きな会場には、誰もが知っている大画家・ゴッホから、点描の立役者・スーラまで、さまざまな作家の点描画が勢揃い。もとは感覚的に始められた点描が、画面を明るくするうえで科学的根拠のある技法として、いかに洗練され、そのフィールドを広げていったのか。歴史をたどるうちに見えてきたのは、作家たちが成し遂げた大冒険の軌跡でした。

東京六本木を歩くと、至るところでアートに出合えます。2000年代に入ってから、六本木ヒルズの最上層階にある森美術館、東京ミッドタウン内のサントリー美術館、国立新美術館という三つの大きな美術館が立て続けにオープン。ギャラリーも点在するようになり、すっかり「アートの街」ともいうべき顔が定着しました。

今回はその一角、国立新美術館での「印象派を超えて―点描の画家たち」展に足を踏み入れてみましょう。展名のサブタイトルに、「クレラー=ミュラー美術館所蔵作品を中心に」「ゴッホ、スーラからモンドリアンまで」とある通り、主な出品作はオランダのクレラー=ミュラー美術館所蔵のものです。20世紀前半に一大アートコレクションを築いたクレラー夫妻が、その作品群を展示するためにつくられた美術館で、ゴッホやスーラ、モンドリアンといった19~20世紀の作品をたくさん所蔵しています。

そのなかから、「点描」にまつわるものばかりを選び、今展は構成されています。点描とは、画面を色とりどりの細かい点で埋めていく描き方。パレットの中で絵具を混ぜて色をつくり、それを画面に塗りつけていく通常の描き方とは違い、一つひとつの色を混ぜずに、小さい筆致でそのまま画面に置いていく。近くで見ると何がなんだか分かりませんが、少し離れて眺めてみると、隣り合った色の筆致が視覚のなかで混ざり合い、統一のある色合いに思えてきます。

点描—色を細かく分けて用いるところから「分割主義」とも呼ばれます—で描くと、画面はパッと明るく鮮やかに、キラキラした感じになります。混ぜないほうが、色は輝く。そういうふうにできています。図工の授業で経験済みの方も多いと思いますが、色は混ぜれば混ぜるほど、黒っぽく、くすんでいってしまいますからね。


ジョルジュ・スーラ 《グラヴリーヌの水路、海を臨む》 1890年 油彩/カンヴァス 73.5×92.3cm クレラー=ミュラー美術館  © Collection Kröller-Müller Museum, Otterlo, the Netherlands

点描は最初、明るい画面を得ようと戸外での制作を始めた印象派の画家たちが、無意識に取り入れていた手法です。それをジョルジュ・スーラが意識的に採用し、科学的な理論を付け加えながら徹底し、精度を上げていきました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
アート・コンシェルジュからの便り

山内宏泰

世に“アート・コンシェルジュ”を名乗る人物がいることを、ご存じでしょうか。アートのことはよく知らないけれどアートをもっと楽しんでみたい、という人のために、わかりやすい解説でアートの世界へ誘ってくれる、アート鑑賞のプロフェッショナルです...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

_k18 新着記事でました: 4年以上前 replyretweetfavorite