脈々と受け継がれるサラリーマン魂—嶋浩一郎(博報堂ケトル)【第3回】

中川淳一郎さんが、「赤坂のカエル」の登場人物と当時を振り返る対談連載。博報堂ケトル共同CEOの嶋浩一郎さんを迎えた3回目は、おふたりのサラリーマン時代について。昨今のノマドブームのように、「フリー」の働き方がもてはやされる時代ですが、一国一城の主であるおふたりが大事にしているというのが「サラリーマンマインド」。改めて、サラリーマンてカッコイイ!と思わせてくれるお話です。

社会人時代の中川は、本当に仕事がデキないやつだった

 じゃあ、そろそろ中川のサラリーマン時代の話をしようか。

中川 そうですね! オレと嶋さんを語る上で、このサラリーマンマインドは絶対に欠かせないですから! えーっと、オレと嶋さんは博報堂時代にCC局(コーポレートコミュニケーション部)で同じ部署だったって話はしましたが、サラリーマン時代のオレに対してどんな印象をお持ちでしたか?

 正直、印象薄いなあ。仕事してるんだろうかって感じ。夜中に「キーッ」って奇声を発してるのを目撃したことあるな。電話の受話器投げつけてたり。おっかないやつだなあと思ったこともあった。

中川 しかも無駄に会社にずっといて、残業代はしっかりもらうっていうダメ社員でしたね。

— 当時の中川さんが成し遂げた業績みたいものはありますか?

中川 本当にまったくないです。なにもないですよね。

 まあ、たしかにそうかもね。

中川 本当に、こればかりは博報堂時代の誰もが認めるところですよ! しいて挙げるならAmazonの日本進出の手伝いをしたことくらいかな。でも、これは別に「仕事ができる」っていう規準で選ばれたわけじゃなくて、単に海外の会社だから英語がしゃべれる人が必要っていうだけ。下っ端だったから誇れることはしてないし。

 そんなヤツが、ある日「俺はNIGOになる!」って宣言して会社を辞めちゃったわけですよ。おかしくない?

中川 嶋さん、オレが会社を辞める理由を聞いたとき、どう思いました?

 「どうかんがえても、中川がNIGOになれるわけないだろ!!」って思ったよ(笑)。でも、よく考えたら博報堂にいたころの中川のことあんまり知らないんだよな。

中川 そうそう。オレと嶋さんは同じ部署にはいたけれども、正反対の立ち位置にいましたよね。嶋さんはオシャレでバリバリいろんなことをやっているイケてる若手クリエイターで、オレは会社のデスクの引き出しにレタスを隠しといて赤い変な虫を大発生させるような仕事のできない小僧でした。

PRパーソンに必要なのは、他業種との合コンだ!

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
赤坂のカエル」番外編・カエルの青春

中川淳一郎

先日惜しまれながら最終回を迎えた、WEB編集者・中川淳一郎さんの連載「赤坂のカエル」が帰ってきました! 連載に登場した人物をゲストに迎え、ゲストの視点を交えながら当時を振り返ります。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ikanocchi あれ、「電光Gメンニュース」のリンク先がよくわからなくなってるっぽい……? 約3年前 replyretweetfavorite

yoheitsunemi cakesはあまり読まないのだけど、この連載いいなぁ。私もサラリーマン時代の実績はあまりないけど当たり前基準を学んだ場であり、良い出会いもたくさんあった。二度と会いたくない人もいるし、もう戻りたくないけど→  https://t.co/AGF5jWJ1S7 4年以上前 replyretweetfavorite

sadaaki 嶋さんと中川さん、ほんとに仲良しですよね。なんかうらやましいです。 4年以上前 replyretweetfavorite