キカイダーのルシアー

ギター、それは孤独を癒すアイテム。深夜のさみしさをギターを弾くことでまぎらわす大槻ケンヂさんは、昭和の特撮ヒーロー達もまたギターとともに旅をしていたことを思い出します。最先端の科学技術で異能のヒーローを生み出したマッドサイエンティスト達は、なぜ彼らにギターを持たせたのでしょうか。大槻さんの導き出した答えとは?

 一人はさみしい。人といるのはわずらわしい。

 そんなように対人関係を捉えているところのある40代の僕は、人と物との中間あたりにある存在としてギターを考え、友として相棒として、それを抱えて下手っぴに爪弾きながら、夜に酒を飲むことが多い。

 まるで往年のフォークソング「真夜中のギター」の歌詞そのままの姿である。酒のツマミに昭和の特撮ヒーローテレビ番組を観ながら「お、そういやジローの弾いてるギター、どこのだ?」などとモニターに目を近づけたりしている深夜0時なのだ。

 昭和の特撮ヒーローにはギターを抱えて諸国をさすらっているものが何人かいた。それは小林旭の演じた「ギターを持った渡り鳥」の流れ者のイメージからの産物なのであろうが、「人造人間キカイダー」の主人公ジローと、「怪傑ズバット」のヒーロー早川健のギターを奏でる姿は特に印象的であった。

 前者は、天才科学者の光明寺博士が作った人造人間。普段はギターを背負った青年ジローの姿でサイドカーに乗り、旅をしている。

 後者は、天才科学者の飛鳥五郎が遺した設計図をもとに、彼の親友・早川健が強化服「ズバットスーツ」と特別車「ズバッカー」を製作。自らヒーロー「ズバット」を名乗り悪との戦いの旅に出る。で、旅のかたわら白いギターを弾くのだ。



 ギターに興味を持つまで考えたこともなかったが、そういえば彼らのギターってどこの何だろう?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
小説 FOK46—フォークオーケン46歳

大槻ケンヂ

30年以上音楽活動を続けてきた、ロックミュージシャンの大槻ケンヂ。楽器演奏と歌を歌うのを同時にできないという理由で、ボーカルに徹してきた彼が、2012年、ギターの弾き語りでのソロツアーを始めた。その名も『FOK46(フォークオーケン4...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード