後編】それはすべての人が手に入れられる“宝”

『電波少年』や『ウリナリ』などのプロデューサーとして知られる、日本テレビのバラエティ番組を代表するテレビマン・土屋敏男さん。あの有吉弘行を生み出したヒッチハイク横断企画などでは、T部長と呼ばれていましたが、今やT社長で、トレードマークの金髪もいまやさっぱりとした黒髪に。なにやら“テレビの真逆”のことをやるようなプロジェクト『LIFE VIDEO』の社長をやられてるとのこと。“みんな”ではなく、たった一人のためだけに作る『あなたの人生のビデオ』とは一体どんなものなのでしょうか。後編は、人生のすごい成功者と普通の主婦の人、資産でいうと1万倍くらい開きがあっても、幸せの度合いってそんなに違わないなど、人生の真実に触れるお話です。

テレビでできないこと~YouTubeで『100時間テレビ』

土屋敏男(以下、土屋) ついこのあいだYouTubeで『100時間テレビ』※1)ってやったんですけどね。
※1:2013/10/19~23、『YouTube エンタメウィーク』内で行われた配信生番組

加藤貞顕(以下、加藤) 100時間!

土屋 『YouTube エンタメウィーク』にお誘いをいただいたんで、「インターネットでしかできないことってなんだろう?」って考えたときに、テレビって時間枠があるじゃないですか。 だから100時間ですべてのことを起こして、すべてのことがそこで収束するっていう、インタラクティブで即興的なことをやってみようと思って。ゲストのキャスティングもその時間の中でやったり。

加藤 へえー! 「○○さん今これますか?」みたいな(笑)。

土屋 そうです。twitterで呼びかけたり。

加藤 しかし、土屋さんほんと、「テレビができないこと」ばっかり試していらっしゃいますね。

土屋 じゃないと、つまんないじゃないですか(笑)。

加藤 テレビ局の行く末を考えると、結果的にそういうことをせざるを得なくなるってことですか?

土屋 うーん、誰かがそういうことやっててもいいんじゃないかと思いますよね。テレビのディフェンスとオフェンスがあるとすると、だいたいディフェンスラインが見えたじゃないですか。それこそ2005年に堀江貴文さんがフジテレビを買収しようとしたころは、インターネットに全部やられちゃうんじゃないかって、そんな危機感があったけど、なんとなくすみ分け方がわかってきた。じゃあ、もともとに立ち返れば僕らは『映像の作り屋』だと。

加藤 映像コンテンツをつくる人、というスタンスなんですね。

土屋 そうですね。これ以外のことはできない。

おもしろい人生があるからおもしろく作れるわけじゃない。

加藤 最近、素人の方も結婚式の余興でビデオ作ったりするじゃないですか。それこそドキュメンタリータッチで。それとテレビ局が新しく会社を作って手がけるプライベートな作品は、どういう違いがあるのかをお伺いしたいと思っていたんですけど、“1000万案件”は確実に、一般の人じゃ受注できないですよね。

土屋 制作費が50万円でも、『一流のプロ』と、まあ、言っては悪いですが『見よう見まねでやる人』とは本質的に違います。すべての人の人生を確実に、おもしろく、素敵に取り出せる。それがプロの仕事だとは思うんです。
 子どもの日記のように、「朝起きました」、「歯をみがきました」、「学校へ行きました」……って、これは誰でも書ける一日ですよね。そうではなくて、一日のあるところに焦点を絞って「この一日は、その時代において、彼の人生にとってどういう意味であったか」を切り取る作業をするのか、その違い。でも、これってわかりづらいですよね。

加藤 僕も拝見して、冒頭、昔の新聞と時代背景と個人の人生をつないでいくところを見て「あ、なるほど!」と思いました。ただ、ああいう編集的な視点っていうのは、実際に見るとわかるんですけど、なかなか説明しづらいものがありますよね。

土屋 『おもしろい人生があるからおもしろく作れる』わけじゃなくて、『おもしろい切り取り方ができるからおもしろく作れるんだ』っていうことなんですよね。

加藤 土屋さんって、日テレのお仕事もかなりお忙しいんじゃないかと思うんですけど、今はこちらをメインでやってらっしゃるんですか?

土屋 そうですね、今は『LIFE VIDEO』を軌道に乗せたいというか。まあ、そのときによるんですけど、テレビは特殊なものしかもうやらないんで。

加藤 日本テレビの子会社としてやってらっしゃるんですよね。っていうことは、日本テレビの収益を増やすための事業という位置づけですか。

土屋 そんなに儲かるもんじゃないですけど(笑)。今『LIFE VIDEO』やってるディレクターって、全員50代なんですよ。

加藤 おー、なるほどー。これは、経験が豊富な方がやったほうがいいですよね。

土屋 この業界、ディレクターという技術しか持っていない人間も、たくさんいますからね(笑)。極端に言うと、その人間たちが一生「ディレクターとして生を全うできるモデル」っていうものにしたいなあと。

加藤 へえー! そういうことも考えてらっしゃるんですね。社内に新しい仕事を作ってる。

土屋 不器用なんですよね、ディレクターって。プロデューサーになったり管理職になったりできる人間もいるけど、この業界にはディレクターしかできない人間もいるから、その人間たちがいられるところを。

そのまんまの気持ちで作れるから、こっちのほうが楽しい。

加藤 テレビはマス向けに作られると思うんですけど、個人向けに作られるということで「テレビだとできなかったことが明らかにある」っていう実感はありますか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
“テレビの真逆”を探す旅──日テレT部長こと土屋敏男インタビュー

土屋敏男 /cakes編集部

『電波少年』や『ウリナリ』などのプロデューサーとして知られる、日本テレビのバラエティ番組を代表するテレビマン・土屋敏男さん。あの有吉弘行を生み出したヒッチハイク横断企画などでは、T部長と呼ばれていましたが、今やT社長で、トレードマーク...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

_ryh 「資産に1万倍くらいの差があっても、幸せの度合いに差はなのではないか」という箇所で立ち止まって考える。/【 後編】それはすべての人が手に入れられる“宝” “テレビの真逆”を探す旅──日テレT部長こと土屋敏男インタビュー http://t.co/Ivboq0B2Gn 5年弱前 replyretweetfavorite

pori313 それはすべての人が手に入れられる“宝”| 5年弱前 replyretweetfavorite

nijuusannmiri 土屋敏男氏。「小さい会社、大きい会社、人生のすごい成功者から普通の主婦の人。そんなに人生って違わないんだなあと思いますね。資産でいうと1万倍くらい違ってても、幸せの度合いってそんなに違わない」 5年弱前 replyretweetfavorite

sadaaki 日テレのT部長こと土屋敏男さんのインタビュー、最終回です。LIFE VIDEOをつくりたくなりますね。 5年弱前 replyretweetfavorite