第6回】ネタは「裏道」にあり

「リサーチ」には足を使うことが大事。しかし、ただやみくもに動き回っているだけではうまくいきません。面白さを見つけるためのテレビマン流のコツは……「逃げる」こと?! 同時掲載のノンフィクション作家・石井光太さんとの対談もあわせてお楽しみください。(『TVディレクターの演出術: 物事の魅力を引き出す方法』(ちくま新書)より)

 見たことのない、新しい面白さを発見する。リサーチを行う際、それが最も重要であり、そのためには足で現場をはいずりまわることが大切であると述べました。

 しかし、ただ単に漠然と現場に出たからといって、面白いものが見つかるかというと、なかなかそう簡単にはいきません。「面白さ」を発見するには、ディレクターとしての勘所のようなものが必要です。

 そこでこの章では、「面白さ」を発見するためのコツをいくつかご紹介していきます。


「瀬戸内海の島々」をテーマにした番組なら、普通、アートの島として有名な「直島」をフィーチャーするところですが……(photo:テレビ東京)

戦わずに全力で逃げる

「人の行く 裏に道あり 花の山」

 という言葉があります。これは、有名な相場に関する言葉なのですが、もうけたいなら、みんなと違う方にお金をはるべきだという意味です。みんなが買っている時には売る。みんなが売っている時には買うということです。

 テレビ番組作りにおいて、「新しい面白さ」を見つける近道も、これに似ています。まず、人が着目しないようなところに目をつけるという姿勢が大切です。

 誰の目にもつく大通りではなく、その裏の小径に何か面白そうなものが転がっていないか。渋谷駅ならハチ公口でなく、新南口に何か面白そうなものはないか。そのように目を光らせるということです。

 じっさい、人の目につく場所は、すでに他のテレビで取り上げられている場合が多く、「新しい面白さ」を発掘しようとした際、競争率が高く、非効率なのです。このような戦場からはいち早く逃げることが「新しい面白さ」の発掘につながります。

 たとえば、「空から日本を見てみよう」という番組で、「瀬戸内海の島々」というテーマをかかげ番組を作ったことがあります。岡山県と香川県の間にある様々な島を空から探検しよう、というものでした。有人島、無人島含め、ほぼ全ての対象地域の島を自分の足でまわりリサーチしたのですが、その時の、「直島」という島と、「釜島」という島が非常に対照的でした。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
人と同じじゃつまらない—TVディレクターの演出術

高橋弘樹

世間的には憧れの的と思われているTVディレクター。しかしその実態は、連続労働時間30時間を超えることもざらではない激務の連続、業界自体の斜陽により昇給ほぼナシと、リア充になるにはほど遠いものです。それでも、テレビの仕事は楽しいと言い切...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません