第1回】リア充には向かない職業

連続労働時間30時間を超えることもざらな激務の連続、業界自体の斜陽により昇給ほぼナシ、ブラック企業顔負けの仕事として知られるTVディレクター。それでもテレビの仕事は楽しいと言い切るのは「ジョージ・ポットマンの平成史」などを手がけたテレビ東京ディレクターの高橋弘樹さん。テレビ業界でも独自路線を走るテレビ東京の中にいてなお、「異端」と呼ばれる番組に関わっている高橋さんが、仕事を続けるモチベーションとはいったいなんでしょうか。同時掲載のノンフィクション作家・石井光太さんとの対談もあわせてお楽しみください。(『TVディレクターの演出術: 物事の魅力を引き出す方法』(ちくま新書)より)


「ジョージ・ポットマンの平成史」の語り手、日本研究家のジョージ・ポットマン氏(非実在)。同番組では「童貞史」から「友達いないと不安史」まで多彩なオモシロ日本平成史が語られた。(photo:テレビ東京)

おもしろくないと怒られる仕事って?

「お前つまんねーよ、ふざけるな。このカス」

 こう、真顔で怒られる仕事があります。テレビを作るディレクターです。大学を卒業した、よい大人が「つまんねーよ」と会議で真剣に怒られる。そして、うっかりその会議がこじれてしまうと、朝方6時ぐらいまで、40近いオジさんも混じってどうしたら面白くなるか、一生懸命考える。部屋中が加齢臭でいっぱいになります。

 この本は、テレビのディレクターの仕事について書いた本です。テレビのディレクターとは、簡単に言うと、テレビ番組を作る人のことです。たいていの場合、制作会社やテレビ局に所属して仕事をします。まれに、どこにも所属せずフリーランスでディレクターとして活躍する場合もありますが、概して所属する立場によって仕事の中身に違いはありません。

 僕はテレビ東京という小さなテレビ局で、ディレクターをしています。この仕事をしていると、OB訪問や面接で、「テレビを作る仕事につきたい」という方々にいまだによく出会います。

 しかし、なぜ彼らはテレビを作るディレクターになりたいのでしょうか? 現在、テレビ業界は、超一級の斜陽産業と言っても過言ではないでしょう。テレビ東京に入社して九年目ですが、ここ数年給料はほぼあがってません。気のせいかボーナスも入社した一年目の時より少ない感じがします。先輩の社員の方などは、昔うっかり組んだローンの支払いが滞り苦労していると聞きます。

 かつてテレビがメディアの王様で、ファッションを牽引し、華やかなりしころは、給料もよく、交際費もあったのでそれなりにモテたのかもしれませんが、現在ではそんなことは全くありません。

 何となく、テレビは前時代のメディアであり、かっこわるい。「ね~。○○って番組見た?」と聞かれたら、「あー、家にテレビ置いてないから」と答える方がかっこいい気すらします。

 飲み会でもモテるのは、商社や外資系、安定感のある公務員ばかり。マスコミ全般が、すでに女子たちの中ではすべってる気がします。もちろん個人の実力も大きいのでしょうが、少なくとも、テレビマンという肩書きだけでモテることは確実にありません。むしろ、軽率である、下世話な人間であるというマイナスイメージが蔓延し、ネガティブな目で見られることの方が多い気がします。

 しかも、仕事の時間は不規則で私生活は崩壊します。テレビ業界では一日が24時間ではありません。テレビ局にいく機会があったら、ご覧いただきたいのですが、テレビ局の入り口には会議の時間や場所を記した張り紙がたくさん貼ってあります。その紙を見ると、シレッと「26時~ Bリハーサル室」などと書いてあることがあります。

「編集所」というテレビ番組の最終的な仕上げを行う部屋では、スケジュール表に「10時~33時 ○○様」という表示をよく見かけます。テレビ局の現場の人たちの間では、一日は34時まであるのです。簡単に言うと、寝るな、ということです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

人と同じじゃつまらない—TVディレクターの演出術

高橋弘樹

世間的には憧れの的と思われているTVディレクター。しかしその実態は、連続労働時間30時間を超えることもざらではない激務の連続、業界自体の斜陽により昇給ほぼナシと、リア充になるにはほど遠いものです。それでも、テレビの仕事は楽しいと言い切...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ayakahan 実は私の就職先第一志望はテレビ東京でした。唯一最終面接位まで行けたけど就職ならず。。 約4年前 replyretweetfavorite

yosyosiyoshino 合コンで女のテレビ屋はもてないっていうか、論外な気が…。「仕事何してるの?」「OLです♪」って練習を何度も心の中でしたことがあります。 https://t.co/9CxKHGUC44 約4年前 replyretweetfavorite

_ryh 「斜陽産業と思われつつあるTV業界で、過労だとしても働く意義」について、テレ東・高橋Dのお話。/【 第1回】リア充には向かない職業 - cakes http://t.co/BsPA7NPiQp 約4年前 replyretweetfavorite

PlainBiscuit マスコミ業界は大変そうですね〜 約4年前 replyretweetfavorite