後編】See the new world−− 重力すらも力に変えて

みなさんはPerfumeを見て号泣したことがありますか? 「一見何一つ特別なものを持ち合わせていなさそうな彼女たち」の虜になってしまった三十路の男、「レジーのブログ」で人気のレジーさんが、頬を流れる熱いものの正体を探ります。あの不思議なダンスを軽やかに踊る3人娘は、果たして「アイドル」なのか「アーティスト」なのか、むしろ「アスリート」なのか? みなさんも一緒に考えてみませんか。後編は、世界進出を果たした彼女たちの苦労と成果、そしてレジーさんがPerfumeに魅せられた理由を解き明かします。

『LEVEL3』とともにさらなる未知の世界へ、そして物語は続く

「例えばカンヌやヨーロッパツアーでやった衣装に模様をつけるプロジェクションマッピングって、機材から近くないとできないので、ライブハウスだからこその演出だったんですよね。それを世界に持って行かせてもらえたことはすごく光栄だったんですけど、ドームでやるのは難しかったり。その代わり国内ならいろいろ持ち込めるし、せっかく大きい会場なので夢を詰め込みたいです」

 この発言は、音楽サイト「ナタリー」にて最近公開されたインタビューでの年末のドーム公演に関するあ〜ちゃんのコメントである。

 Perfumeにとって久々の国内でのワンマンライブとなる12月のドーム公演。東京在住の僕だが、東京ドーム公演が平日ど真ん中に行われるため、仕事の状況を考慮して週末に行われる京セラドーム大阪公演への参加を決めた。
※2013年12月、Perfume史上初となる東京・大阪での2大ドーム4公演を実施。【京セラドーム公演】12月7日(土)、8日(日)【東京ドーム公演】12月24日(火)、25日(水)

 僕にとって、先ほどのあ〜ちゃんの発言は少なからずショックであった。先日のカンヌ広告祭のセッションやヨーロッパツアーで披露されていたプロジェクションマッピングの演出をドームで体験できると勝手に思い込んでいたからである。


カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル(非公式)

 それでも、あ〜ちゃんが言うところの「夢」というものをファンが全く予想できない形で提示してくれるはず。そんな期待感が今のPerfumeにはある。

 ここまで述べてきたとおり、Perfumeは様々な「重力」から自由になってきた。「ロック」「アイドル」といったジャンルの壁を無効化し、「操り人形」を吊り下げていた「糸」とはもはや完全に一体化した。「男性向けのエンターテイメント」という固定観念からも逸脱して、今では性別・世代を問わない人気者となった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
Perfumeとは「無重力アイドル」である

レジー

みなさんはPerfumeを見て号泣したことがありますか? 「一見何一つ特別なものを持ち合わせていなさそうな彼女たち」の虜になってしまった三十路の男、「レジーのブログ」で人気のレジーさんが、頬を流れる熱いものの正体を探ります。あの不思議...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

regista13 東京ドーム公演にあたってこっちも今晩無料です 4年弱前 replyretweetfavorite

regista13 こちらも無料公開 4年弱前 replyretweetfavorite

comusyo19  自分では伝えられないPerfumeの素晴らしさがここにあります。 約4年前 replyretweetfavorite

spispispica 全部読んだけど良い締めでした。仕事がんばろ。 約4年前 replyretweetfavorite