井口皓太(映像作家)→小川勝章(作庭家) Vol.1「庭造りで大切なことは何ですか? 」

今回カンバセーションズに登場する井口皓太さんは、デザインオフィス「tymote」の代表を務めるアートディレクター。この秋に、京都を拠点とするクリエイティブエージェンシー「世界」を新たに立ち上げるなど、精力的な活動を続ける井口さんがインタビューするのは、京都の無鄰菴平安神宮などを作庭し、近代日本庭園の先駆者と言われた七代小川治兵衞をはじめ、江戸時代より数々の名庭園を手がけてきた「造園植治」の小川勝章さん。講演やワークショップなどを通して、庭園文化の発信にも力を入れている小川さんに、庭造りの真髄について伺ってきました。

庭造りで大切なことは何ですか?

Q. 僕は映像を作る際に「時間」というものを大きなテーマにしています。例えば、数秒間の映像がループするGIFアニメーションの作品などを作っているのですが、最後まで見ないといけないという義務感みたいなものを極力なくして、見る側に自由を与えたいと考えているんです。その点、庭というのは見る側が自由に時間や視点を設定できるところが凄く良いですよね。それでいつか庭師の方にお話をお伺いしてみたいなと思っていたんです。

小川:おっしゃる通り、お庭の大きな魅力というのは時間軸の長さだと思うんですね。簡単に言うと、お庭は私たちよりも長生きする可能性があるわけです。私の仕事には、庭を新しく作るだけではなく、かつて先祖が作った庭を時代を越えてお守りするという役割もあります。木は何百年、石は何万年も生きるし、さらに地球ということになると46億歳ですよね。お庭には、時代を越えてさまざまな思いを伝えてくれる可能性があると思うし、そこが一番の魅力なんですよ。例えば、今日来ている(岩倉)実相院さまでは、いま枯山水のお庭で何を作るべきかを考えていったんですね。枯山水における白砂が海で、砂紋が波紋であると考えた時に、3.11以降怖い存在になってしまった海というものを風化させないために、お庭には良い働きができるんじゃないかという思いに至り、こういうお庭を作ったんです。

Q.時間軸に対する考え方がとても長いんですね。

小川:庭というのは、作りたての頃は赤ちゃんと同じなんです。そこから10歳、20歳と年を経て大人になっていくわけですが、人間と同じように親によって全然違う性格に育つんです。例えば、もともとうちの先祖が作った庭でも、その後違う人に育てられると、まったく違う道を歩んでいくことになるんですね。また、時代とともにお庭の存在意義も変わっていきます。例えば、有名観光地のお寺などの場合、建物自体が立入禁止になっていることも多く、床の間からお庭が見られなかったり、入場ゲートがかつての勝手口に当たるような場所だったりすることもある。そのようなところでは、お庭を正面から見ずに帰ってしまう場合もあるんです。お庭に手を入れていく際には、かつてそのお庭は誰のためにあって、いまはどんな役割があるのかを考えた上で、お庭をお客様の方に振り向かせる工夫をする必要があるんです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
いま、僕たちが話を聞きたい人

カンバセーションズ

インタビュアーという存在にスポットを当てるこれまでにないインタビューサイト「QONVERSATIONS(カンバセーションズ)」。毎回異なるクリエイターや文化人がインタビュアーとなり、彼らが「いま、本当に話を聞きたい人」にインタビューを...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード