大半がワーキングプア! カウンセラーの理想と現実

『トップ営業マンはなぜ質問を3回繰り返すのか』と題してお送りしてきた心理入門。連載の最後となる今回は仕事として心理を扱うカウンセラーになりたいという人のために、カウンセラーの現状に迫る。
 メンタルヘルスやカウンセリングへの関心が年々高まっている昨今、心理学を学んでカウンセラーになりたい人も増えているが、就職先が少なく、「食えない」という悲鳴も聞こえてくる。

  『トップ営業マンはなぜ質問を3回繰り返すのか』と題してお送りしてきた心理入門。連載の最後となる今回は仕事として心理を扱うカウンセラーになりたいという人のために、カウンセラーの現状に迫る。

  気軽にカウンセリングを受けたり、心療内科に通う文化が出来上がっている欧米と比べ、「心の病」を隠す傾向にあった日本だが、そんな時代も今は昔。特に30代以下の若い世代の間では、メンヘラ(心の病を患っている人)という造語が飛び交い、うつ病での休職も一般的となってきた。

 病院での投薬治療のニーズも増えているが、一方でカウンセリングもずいぶんと身近なサービスとなってきた。需要が拡大しているのだから、カウンセラーはさぞ儲かっているだろうと思いきや、意外にも「食えない職業」として知られている。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
心理入門 効果絶大!  ~人の心を動かす技法~

週刊ダイヤモンド

トップ営業マンは心理学を知らなくても優秀なのだから、営業に心理の知識など必要ない──。本当にそうだろうか? 優秀なビジネスマンを観察すると、本人は意識せずとも「心理テクニック」に当てはまる会話や行動がめじろ押しだ。心理の基本を学べば彼...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

loveandzero 臨床心理士やカウンセラーの現状。年収300万円はワーキングプアかな?以下は厳しいが【第26回】 4年以上前 replyretweetfavorite

knd1977 有料記事なので読めてませんが。  cakes【 4年以上前 replyretweetfavorite