自分なりの価値観」って無駄にキツい IT時代の教育とは? 【第2回】

IT時代が幕を開けて以来、さまざまな社会問題が増加中です。引きこもりや不登校、あるは晩婚化や男子の草食化などはどうして進んでいくのでしょうか? 今回はその辺りに迫ってみました。

 昭和が終わり、本格的なIT時代の幕が開けて早20年。前回お話しした通り、IT化が進むに従って、それまでは当たり前だった単一の価値観がガラガラと音を立てて崩れていったのです。代わりに個人が各々自分なりの価値観を持って生きていかなければならない時代が始まりました。

 この「自分の価値観を持つ時代」というのは、どうやらとっても生きにくい時代のようです。不登校、引きこもり、離婚、児童虐待、自殺……。2013年の日本では当たり前になってしまった社会問題が、単一価値観の崩壊とともに、堰を切ったように増え始めたのです。

 「自分の価値観を持つ時代」なんて言えば聞こえはいいですが、要するに「オレはオレの勝手にするね。オレはアンタに干渉しないから、アンタもオレに干渉しないでね。」という話です。自分探しがブームとなり、好きなものに囲まれ、好きな映画を見て、話が合う人とだけつるむ。そんな暮らしがごく当たり前となったのです。

 気が付くと、周囲には電車の中でお化粧をする若い女性や地べたに尻を付けて座る若者が出現しました。携帯電話の普及とともに援助交際も激増。「別に誰にも迷惑をかけていない。」と言われると、大人たちは答えに窮しました。もう「ダメなものはダメ」なんて理屈は通りません。やがて、お互い干渉しない「スルーする」という行動様式が当たり前のものとなりました。人は人、我は我。東日本大震災が起こるまで「絆」なんていう人は誰もいなかったのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
IT時代の未来〜それはユートピアかディストピアか?

松井博

現在、IT革命によって世の中の仕組みが急速に変わりつつあります。産業、政治、就労、コミュニケーション…… 影響を受けない分野はありません。未来はどうなっていくのか、こうした時代が私たちにどんな選択を迫ってくるのか、元アップル管理職の松...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Singulith 「かつてだったら親の意向や世間の目に押されて「なんとなく」決めていたすべてのことを、自分の名において、自分の責任で決定しなければならないのです。  〜自分の価値観で決める時代は、「自己責任の時代」でもあるのです。 」  https://t.co/eGSc8n5J9R 4年弱前 replyretweetfavorite

Singulith なぜ現代日本人は「自己責任」を負わなくてはならないか? →昔に比べ、「選択の自由が得られた時代」とは「自分の選択に自分が責任を持たなくてはならない時代」でもあるから。両者は一体のもの。 https://t.co/eGSc8n5J9R 4年弱前 replyretweetfavorite

ayakahan 私も激しく同意しました“@ko_kishi: 図らずも、May_Romaさんの話とシンクロしてるのがおもしろい。>> "” 4年以上前 replyretweetfavorite

ayakahan 自由を謳歌して今日という日を貪欲に過ごす、か。。。: 4年以上前 replyretweetfavorite