ジョゼフ・クーデルカ展—教科書では学べない歴史をたどる旅

美術鑑賞の醍醐味は、観ている者を日常から切り離し、ここではないどこかへと連れ出してくれること。今回アート・コンシェルジュが紹介するのは、日本から遠く離れたチェコの写真家ジョゼフ・クーデルカの個展。世紀をまたぎ、東西の壁をまたいで撮影し続けたクーデルカ。彼の写真が連れて行ってくれるのは、はるか遠い場所のようで、実は私たちの日常のすぐそばの情景なのです。教科書では学べない歴史の旅に一緒に出かけてみませんか?

ここではないどこかに旅立ち、しばし存分に遊び、また帰ってくる。映画、小説、絵画、音楽、どんなジャンルであれ作品とは、そういう楽しみを手軽に体験させてくれるものですよね。現在の日本というくくりとは少し違った、ここではないどこかへ旅立つために、今回は東京・竹橋の東京国立近代美術館にまいりましょう。開催されているのは、「ジョゼフ・クーデルカ展」です。

クーデルカは1938年、チェコスロバキア生まれの写真家です。一般的には、あまり聞き慣れない名前でしょうか。でも、現存する写真家のなかでは、その動向が世界的に注目されるひとり。大規模な個展が日本で観られるというのは、なかなか稀有でうれしいことなのです。

1960年代から現在に至るまで、ずっと第一線で写真を撮り、発表してきたのがクーデルカです。今展では、ほぼ時系列に作品が並べられています。こうした展示形式ですと、20世紀から21世紀にかけての時代を生きた人間が、どんな事物に関心を持ち、何を目にしてきたかがわかるのがおもしろいですね。通して見れば、時代の雰囲気というものがくっきり浮かび上がってくる気がいたします。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
アート・コンシェルジュからの便り

山内宏泰

世に“アート・コンシェルジュ”を名乗る人物がいることを、ご存じでしょうか。アートのことはよく知らないけれどアートをもっと楽しんでみたい、という人のために、わかりやすい解説でアートの世界へ誘ってくれる、アート鑑賞のプロフェッショナルです...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

takurokoma 行きたい! 約5年前 replyretweetfavorite

fujinejima チェック!→ 約5年前 replyretweetfavorite