ケイクス通信

ケイクス通信 11/8| 本日の更新記事を一挙紹介!

本日金曜日はケイクスオリジナルコンテンツ更新日。「マンガは読書に入りますか?」が、海猫沢めろんさんの「トガッた企画がやりたい」という魂の叫びにより新境地へ。成人向けマンガ、つまりエロマンガを取り上げます。エロマンガ研究家・稀見理都さんの(ケイクス的に)ギリギリのインタビューも、ぜひお楽しみください。新しい日本酒の楽しみ方をご紹介してきた杉村啓さんの「今宵語りたくなる日本酒のはなし」は、ついに最終回。一番おいしく日本酒を味わせてくれる、専門の居酒屋の選び方を指南いたします。もちろん、杉村さんおすすめのお店もご紹介!バダサオリさんのレシピ連載は、ハム、ソーセージ、チーズ、目玉焼き……と、おいしいものをこれでもかと詰め込んだ料理「フランセジーニャ」を作ります。ぜひおためしください!

●ピックアップ

海猫沢めろん「マンガは読書に入りますか?」
エロマンガの教養 vol.1 事件はエロマンガの現場で起きている!
作家・海猫沢めろんさんの日常と読んだマンガをゆるふわとお届けしてきた本連載ですが、今回はちょっと様子が違います。「俺はもっとトガった企画がやりたいんだああああ!」というめろんさんの魂の叫びにより、「成人向けマンガ」の広くて深い秘境を冒険することに。そうして、めろんさんが分け入ったエロマンガの新世界は、「ロリコンはイケてる趣味だった」「触手はジャパニーズドリーム」など、知れば知るほど奥深くて……。はたしてめろんさんは、エロマンガのジャングルから無事に帰還できるのか?!エロマンガ研究家・稀見理都さんにお話を聞きながら、その歴史と表現の発達を、4回シリーズでお届けします。

杉村啓「今宵語りたくなる日本酒のはなし」
【最終回】いい日本酒居酒屋はここが違う! 日本酒をとことん楽しむための7つのチェックポイント
日本酒の味わいの表し方から料理との食べ合わせ方まで、日本酒を楽しむ基本をお届けしてきた本連載。身につけた知識を活用してぜひ訪れてほしいのが、日本酒をメインに提供する「日本酒居酒屋」。家飲みと違って豊富な種類のお酒を飲めたり、料理との取り合わせの妙を楽しむことができます。今回は、年間60店以上を訪問する杉村啓さんが、お店選びの大事なポイントをご紹介。これからの日本酒ライフでご活用くださいね!

●連載

古賀史健「嫌われる勇気」
第四夜 vol.3 青年は訴える。「わたしは他者からほめられたい!」
「目的論」「劣等コンプレックス」「課題の分離」など、アドラー心理学の様々な考え方が登場したなかで、とくに鍵となる考え方だという「共同体感覚」。それは対人関係の「ゴール」でもあると、哲人は言います。はたして、その内実はどのようなもので、私たちは具体的にどのようにしたらその〝感覚〟を得ることができるのか? 共同体感覚をめぐる青年と哲人の対話は、引き続き白熱していきます!

喜多村みか「TWO SIGHTS PAST」
TWO SIGHTS PAST #53
2000年頃より写真家の喜多村みかさんと渡邊有紀さんが互いを被写体として写真におさめている作品「TWO SIGHTS PAST」。前回に引き続き、お二人で宮古島を訪れたときの写真です。

結城浩「数学ガールの秘密ノート」
第52回 そんな私に力を貸して(後編)
従妹の中学生・ユーリの「お兄ちゃん、止まってるのに加速度が0じゃないってこと、ある?」という質問から始まった「力学」のお話、後編です。力の大きさを「数」で表す「僕」にユーリは「力って、数なの?」という疑問を投げかけます。なんだかとっても深い質問。さあ、どう答えましょう。

フェルディナント・ヤマグチ「フェル先生のさわやか人生相談」
【第57回】彼氏にTwitterをブロックされた
あらゆるジャンルの悩みにお答えする「フェル先生のさわやか人生相談」。今回最初のお悩みは、Twitterで有名人な彼氏と付き合う女性から。カレと周囲の人々のやりとりを楽しんでながめていた彼女に一体どんな悲劇が降りかかったのでしょうか。そして、それに対するフェル先生の回答は? 今回も含蓄のあるお言葉盛りだくさんです!

バダサオリ「とりあえずビール!」
おいしいものをありったけ詰め込んだ「フランセジーニャ」
今回のバダさんのレシピは、ポルトガルが誇るB級グルメ「フランセジーニャ」です。フランスのクロックムッシュが元になっているそうですが、ハム、ソーセージ、チーズ、目玉焼き……と原型が留めないほどおいしいものを詰め込んだボリュームたっぷりの料理です。ぜひお試しください!

林伸次「ワイングラスのむこう側」
曖昧な言葉は伝わらない
bar bossa林伸次さんのコラム、今回は男女の間における「曖昧な言葉」について。ボサノバを愛する林さんのお店bar bossaには、ブラジル人のお客さんがよくいらっしゃるそうです。お店のカウンターで、日本人女性に積極的に声をかけるブラジル人のお客さんを見ていて、林さんはあることに気がつきました。ブラジル人から学ぶコミューケーション方法、ぜひ参考にしてみてください。

佐藤和歌子「晩酌歳時記」
第三十八回・すき焼き
今回の「晩酌歳時記」で取り上げるのは、みんなだい好き「すき焼き」です。しかし、佐藤和歌子さんはすき焼きのあの甘い味付けが苦手で、「ごちそう」だと思ったこともなかったそう。そんな佐藤さんの固定観念を打ち破ったすき焼きとは、いったいどういうものでしょうか。

黒田勇樹「黒田勇樹動画批評」
【第56回】無重力における男の夢を、カネをかけて実現させたらこうなる
「もしも無重力の世界で、女のコとあんなことやこんなことができたなら」。男なら、きっと誰しも一度は妄想したことがあるのでは? さて、今回のハイパーメディアフリーターの黒田勇樹さんの動画批評は、そんな無重力空間における男の「願望」を動画で表現した問題作! これまで「無重力プレイ」には興味のなかった人も、これを観たら新たなフェチに目覚めるかもしれません。

二村ヒトシ「キモい男、ウザい女。」
岡田育は言葉でセックスをする夢を見るか?【オタクとオナニーと物語とセックス】
「AV女優にするような質問をしてみたい」。そんなオーダーで始まったAV監督二村ヒトシさんと連載「ハジの多い人生」の岡田育さんの対談、大反響の第2回目。先日ご結婚なさったばかりという岡田さんの新婚生活への感想にはじまり、まさかの「オナニーのおかず」まで飛び出しまして……。

青山裕企「彼女写真 in 群馬」
群馬編【第8回】カフェでひと休み
ボウリングをめいっぱい満喫した2人。運動をしたらお腹が空いたので、近くのカフェでひと休みです。外を眺めながらゆっくりくつろぐ様子の彼女。その隙に、細い指やきれいな横顔に見入ってしまいます。

●ショートショートケイクス

クリスマスまで、残り2ヶ月を切りました。あと1ヶ月もすればケンタッキーからの容赦ない追い込みをかけられるので、毎日戦々恐々としているアルバイトNです。

さて、昨日はcakesで新しく入社されたデザイナーさんの歓迎会が催されました。20時スタートだったのですが、僕は大学の授業が21時過ぎまであったので、1時間遅れで現場へ走ります。

道中、「久しぶりに社員さんと飲めるからお仕事について聞きたい! でも、緊張するなあ……」とかなんとか思いながら向かっていたわけなんですが、到着すると既にみなさん出来上がっているご様子。

一人漏れることなくここには書けないような話をされておりまして、到着する前に「社員さんのありがたいお話、メモ取らないと!」と胸ポケットに指していたボールペンは行き場をなくしてうなだれております。

けっきょく23時過ぎに解散となったわけですが、終止ボールペンの出番はなく……。

しかし、帰りの電車の中で力強くメモしたのは、「羞恥心を捨てる!!」ということ。

社会人への道のりは、なかなか険しいようです……。

ケイクス

この連載について

初回を読む
ケイクス通信

cakes編集部

ペットボトル1本分の値段で、1週間コンテンツを楽しめるプラットフォーム・cakes(ケイクス)。購読をしようか迷っている方や、購読を始めたけど何を読んでいいか迷っている方のために、cakesの最新コンテンツをご紹介していく無料連載です...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません