晩酌歳時記

第三十八回・すき焼き

お酒に対しては博愛主義を標榜してきたはずが、アルコール度数4%未満の飲料は酒と認めず蔑視している自分に最近気がつきました。そんな佐藤和歌子がお届けするショートコラムです。11月7日は「いい鍋」の日ですよ!

 すき焼きが「ごちそう」に属すると知ったのは、『ドラえもん』とか『サザエさん』だったように思います。「今夜はすき焼きよ」と言われてワーイとバンザイしたり、兄弟姉妹で肉を取り合ったりする場面を見て、そういうものなんだな、と学習したわけです。そのおいしさ、ありがたみを、私自身が実感していたわけでは決してない。
 問題は、あの味付け。ケーキとかチョコレートより都こんぶとかせんべいが好きな子供にとっては、食事は塩分摂取の場。すき焼きは、甘すぎるんですよね。牛肉の値段なんて知らなかったから「すき焼き=高価=ごちそう」という図式も見出せず、家族五人で鉄鍋を囲んでワイワイやっている最中に疑義を申し立てるわけにもいかず、〆のうどんが投入されると内心「これで甘味地獄から抜け出せる」と安堵したものです。
 酒を飲みだしてからも、あの甘い肉で飲みたいと思ったことはなく、牛肉の値段を知ればなおさら「豚で充分うまいから!」「牛は外食で足りてるし!」。三年か四年に一度、たまたま外で食べて「そうそう、こういうもんだよね」ということを確認できれば、それで充分。私にとってすき焼きとはそういう食べ物でした。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
晩酌歳時記

佐藤和歌子

季語と晩酌をテーマにしたショートコラム。月四回更新(毎週木曜、第五はお休み)。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント