岡田育さんとの対話/キモい男、ハジの多いウザい女に面接をする。【オタクと物語とオナニーとセックス】

今回はあの人気連載コラム「ハジの多い人生」の岡田育さんとAV監督・二村ヒトシさんの特別対談第1回目! AV女優におもしろい面接をすることで知られる二村さんが、岡田さんの「ハジの多い人生」に切り込みます。初回のテーマは「初恋と腐女子」について。お見逃しなく!

まるでAV女優にするような面接のような対談、開催

二村 こんにちは。岡田さんの連載を、いつも本当に楽しく読まさせていただいております。

岡田 ありがとうございます。

二村 ある日のこと、cakes代表の加藤さんが「二村さんが、あの岡田育さんにインタビューというか面接というか、いろいろ恋愛とかエッチなことも含めて聞き出すという企画はどうでしょう」と思いついたわけです。

岡田 なるほど、そこだけ聞くとひどい編集長ですね(笑)。

二村 だいたい加藤さんという人は、前にも書きましたが、あるバニーガールさんが僕の前で自分の恋愛や人生について話しながら号泣しだしたのを近くで見てからというもの僕のインタビュー能力を過大評価しておられ、ようするに本当は彼が訊きたいけれども恥ずかしくて訊けない話を僕を使って岡田さんから引き出したいわけですよ。そんなひどい企画を正々堂々と後ろを見せずに受けてくださった岡田さんの男気に僕は感動しています。

岡田 むしろ私の話なんか聞いて本当に面白くなるんですかね……? 自信ないです。今回「AVの面接みたいなことをする」と趣旨のご連絡をいただいたときは、「あぁ、よくビデオの冒頭に出てくるアレだな」と思ったんです。ベッドがある部屋のソファなんかに座って、カメラ目線の女の子がひたすら質問を受けるという。でも、あれってフィクションというか、後の展開を盛り上げるためだけのものじゃないんですか?

二村 あ、よくご存知で。たしかにアレはフィクションといえばフィクションです。ギャラが高額な女優さんの場合ほど、撮影前にインタビュー内容もセックスの内容も決めて台本をマネージャーさんにチェックさせることになってますから。

岡田 やっぱりそうですよね。本当のことを喋っちゃうと、女優さんも身元バレとか心配ですもんね。

二村 だから女優さんはインタビュー収録前に何を訊かれるか、セックス収録前に今日はどんなセックスすることになるのか、だいたい知ってるわけなんですが、でも、こちらとしてはそれでもなんとか予定調和じゃないものを撮りたいじゃないですか。それで撮影の数日前に打ち合わせと称して、本当の面接というかに本当のインタビューをしておきます。マネージャー同席ではあるんですが、そこでなんとか打ち解けておいたり、訊きにくいことを先に訊いておけると、なぜか本番で(表面的には、やること訊くことが台本通りだったとしても)なまなましいものが撮れるんです。

あなたは初恋で何に傷つき、相手の何を傷つけましたか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
キモい男、ウザい女。

二村ヒトシ

アダルトビデオ監督・二村ヒトシさんが、男女の関係性を探り、自分自身を語っていく連載です。現代の日本に生きる私たちほぼ全員が「キモチワルい男」であり「めんどくさい女」であるという、恐ろしすぎる【見立て】からはじまるこのお話。なぜ現代の恋...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

makunegao 後読メモツイ。 3年弱前 replyretweetfavorite

okadaic 続)「あなたは(セックスの人でなく)言葉の人だね」は二村ヒトシさんに言われた台詞で、「そうかなー、性交も嗜みますけどなー」と思ってたんだが、「見知らぬ男とヤりたいとは思わないのに、タクシー運転手には会話振る」の対比に置き換えると納得。https://t.co/ME0Zu3TvIh 4年弱前 replyretweetfavorite

okadaic 続)……いや、母と仲は……良いんですよ……。詳しくはcakesでの二村ヒトシさんとの対談でもお読みください。↓ 4年以上前 replyretweetfavorite