グリード

序曲 スリーピング・ボム 3—二〇〇五年秋 カリフォルニア州 バレーホ

ジャッキーは住宅バブルの実態を調査するためにカリフォルニア州の街・バレーホを訪れます。そこには空き家が並び、叩き売り同然の住宅価格が張り出されていました。想像以上の惨状に、彼女はアメリカ経済の異変を感じ取ります。真山仁さんの最新作『グリード』(講談社)の序曲「スリーピング・ボム」をcakesで特別配信です。

永江朗氏関口苑生氏による『グリード』の熱い書評も、ぜひご一読ください。

二〇〇五年秋 カリフォルニア州 バレーホ

 ナパの実家から南へ三〇分あまり車を走らせると、バレーホの街だ。そこに入るなり、ジャッキーは息をのんだ。軒を連ねる真新しい住宅のことごとくに、“for sale”の看板がぶら下がっている。街の中心にあるウォルマートは閉鎖されて、窓ガラスが何枚も割れていた。人口一二万人のこの町が、連邦破産法九条に基づく更生手続きの適用を申請したという記事を頼りに来てみたが、〝惨状〟は想像以上だった。
 父から借りたトーラスを不動産屋の前に停めて、周辺を歩いてみた。売り物件広告が埃まみれのショーウインドーに所狭しと貼られている。なかなか売れないらしく、赤ペンで新しい金額が何度も上書きされていた。

「いらっしゃい」
 小太りの男一人が店番をしている。愛想がいいのは何よりだが酒臭かった。
「こんにちは。みんなこの辺の物件ですか」
 臭いを気にしちゃダメ、と自制しながら、ジャッキーは愛想よくしゃべった。
「ああ、そうだよ。築年数も新しいお得物件だよ。よりどりみどり、選び放題だ」
 築年数が新しいのは、ローンがすぐに払えなくなって没収されたからだろう。

「通りを走ってきたけど、売り家ばっかりだったわ」
「そりゃそうさ。皆、ローンが払えず追い出されちまったからね。あんた、政府の人か」
 スタンフォード大学のロゴが入った洗いざらしの紺のトレーナーにブルゾンを羽織り、ジーンズという格好をしてきたのに、客と思われないのが意外だった。

「どうして?」
「こんなところで家を探すWASPはいないよ。だとしたら、政府の人間だろう。なんだい、ようやく実態調査をやる気になったか」
 ジャッキーは相手の勘違いを利用することにした。

「それにしても酷いありさまね」
「政府と投資銀行が悪いんだよ。そもそも家なんて買えない奴らにローンを組ませようとした罰だな」
「値崩れが止まらないみたいだけど」
 さりげなく話題を変えた。男はタバコに火をつけると、煙をショーウインドーのガラスに吹き付けた。
「止まらないどころか大暴走だ。この値段で二軒まとめて売ってもいいぐらいだ。値段が上がると聞いて銀行からカネ借りまくって、この辺だけで二一軒も家を買ったんだぜ。それがいまや、半額でも売れやしない」

 戦後一度も起きなかった〝異変〟が、始まろうとしている。どうやらストラスバーグの懸念は的確だったらしい。

二〇〇六年一月 東京 新橋

三葉みつば銀行で共に不良債権処理に当たった同期生、沼田透ぬまた とおるとの再会に、芝野健夫しばの たけおは目を細めた。

「七年ぶりか」
「いや、九年ぶりだよ」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
グリード

真山仁

真山仁さんの最新作『グリード』(講談社)が10月29日に発売となりました。バブル崩壊後の日本を舞台に、外資系バイアウト・ファンド(ハゲタカファンド)マネージャー鷲津政彦を中心に、不良債権処理や企業買収といった金融の世界を描...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

office_mayama (承前) < 本日1/10 21時半頃まで限定です。お見逃しなく! 4年以上前 replyretweetfavorite

office_mayama 【01/10 16:58まで無料 】 『グリード』 4年以上前 replyretweetfavorite

office_mayama こちらも、読み逃した方へ→  4年以上前 replyretweetfavorite

poohworld723 kindle版欲しい 4年以上前 replyretweetfavorite