オリンピック招致プレゼンに学べ【第8回】プレゼンがうまくなりたいあなたへ

プレゼンの文章を考える際のテクニックはいろいろ学びましたが、実際にプレゼンをする場合、それだけではうまくいきません。組み立てたロジックを観衆に納得してもらうためには、場数を踏み、堂々としたプレゼンを行うことが重要です。そのための対策としてはどんなものがあるのでしょうか? 無料ですぐにできることから、ちょっとお高めなものまで、いくつかのアイデアをご紹介していきます。

東京都が行ったオリンピック招致のプレゼンをあれこれ分析してきましたが、さて、プレゼンがうまくなるには一体どうしたらいいんでしょうか?

まずは、場数を踏むことです。数をこなせば「こうやればうまくいく」「これは失敗する」というのがわかります。とにかくやってみることです。失敗してもかまいません。ワタクシも随分失敗しています。しかし失敗すれば、「ここをこうすればいいんだ」ということがわかりますから、勉強みたいなものですね。仕事でのプレゼンの機会があまりなければ、地域の行事や学校の保護者会、町内会だっていいですね。とにかく人前で話す機会を探すことです。

二番目には、プレゼンがうまい人のやり方を真似すること。これお金をかけずにやる方法があります。日本だったら外資系企業やIT企業が集まるトレードショーやカンファレンスに行って、企業のトップのプレゼンを見ます。実際に会場に行ってみるのが凄く重要です。登場の仕方、服装、ジェスチャー、声、テンポがわかります。こういうイベントで喋る営業マンや企業幹部は、時間とコストをかけてプレゼンを練習しているので、その技を見せてもらうんです。無料のイベントもかなりありますからぜひ行ってみてください。無料でプレゼンの勉強ができるわけですから、なんと幸福なことでしょう。さらにイベントによってはお土産をくれたりします。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
世界のどこでも生きられる

May_Roma

海外居住経験、職業経験をもとに、舌鋒鋭いツイートを飛ばしまくっているネット界のご意見番・May_Romaさん。ときに厳しい言葉遣いになりながらも彼女が語るのは、狭い日本にとじこもっているひとびとに対する応援エールばかり。日本でしか生き...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ko_kishi かなり具体的。>> 4年以上前 replyretweetfavorite

ko_kishi "特に重要なのは姿勢と発声方法の指導です。姿勢も発声も筋肉が関係するので、普段から訓練していないとなかなか身に付きません。" プレゼンがうまくなりたいあなたへ|May_Roma http://t.co/AbPIwOKTUA 4年以上前 replyretweetfavorite

ko_kishi "さまざまな国や言語のプレゼンを見ると「この文化圏ではこういう感じが受けるんだなあ」というのもわかります。これってちょっとした文化人類学ですね。" プレゼンがうまくなりたいあなたへ|May_Roma http://t.co/AbPIwOKTUA 4年以上前 replyretweetfavorite

ko_kishi "企業のトップのプレゼンを見ます。実際に会場に行ってみるのが凄く重要です。登場の仕方、服装、ジェスチャー、声、テンポがわかります。" プレゼンがうまくなりたいあなたへ|May_Roma http://t.co/AbPIwOKTUA 4年以上前 replyretweetfavorite