オリンピック招致プレゼンに学べ【第7回】聴衆は3つしか覚えない

短い時間で、自分たちの伝えたいメッセージをいかに聴衆にアピールできるかが、プレゼンの要。そのためには、本当に伝えたいことはくどいほど強調しなければなりません。それは、しゃべった内容のすべてがプレゼンを聞いている人の頭に入るわけではないから。では、伝えたいメッセージをどのように織り込むと、聞いている人に響きやすいのでしょうか? オリンピック招致の際の安部首相プレゼンをもとに分析していきます。

今回のコラムでは、猪瀬知事の東京オリンピック誘致←招致プレゼンを分析しましたが、今回もその続きです。こちらは安倍首相のプレゼン冒頭です。

委員長、ならびにIOC委員の皆様、 東京で、この今も、そして2020年を迎えても世界有数の安全な都市、東京で大会を開けますならば、それは私どもにとってこのうえない名誉となるでありましょう。 フクシマについて、お案じの向きには、私から保証をいたします。状況は、統御されています。東京には、いかなる悪影響にしろ、これまで及ぼしたことはなく、今後とも、及ぼすことはありません。 さらに申し上げます。ほかの、どんな競技場とも似ていない真新しいスタジアムから、確かな財政措置に至るまで、2020年東京大会は、その確実な実行が、確証されたものとなります。 けれども私は本日、もっとはるかに重要な、あるメッセージを携えてまいりました。 それは、私ども日本人こそは、オリンピック運動を、真に信奉する者たちだということであります。この私にしてからが、ひとつの好例です。

[参考] http://www.huffingtonpost.jp/2013/09/07/olympic_c...

他のプレゼンターのプレゼンを見た方、気がついていたと思いますが、「東京は安全」「デリバリできる」「インフラが整っている」をしつこく繰り返していますね。日本語に直すとなんとなく「くどいなあ」という感じがします。

黒子であるSeven46の担当者がプレゼン原稿をゴーストライトしているはずですから、イギリス風にくどく、厚顔無恥な感じになるのは仕方ないわけですが、このように同じことを何度も繰り返すというのは、前回のコラムでもご紹介させていただいたように、聴衆を洗脳する、という点で物凄く重要なわけです。

聴衆というのは皆さんが考えているほど賢くないんです。大体10分ぐらいの短いプレゼンでも聴衆が覚えている内容というのは大体3つぐらいです。人間ってそんなにたくさんのことは覚えられないんです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
世界のどこでも生きられる

May_Roma

海外居住経験、職業経験をもとに、舌鋒鋭いツイートを飛ばしまくっているネット界のご意見番・May_Romaさん。ときに厳しい言葉遣いになりながらも彼女が語るのは、狭い日本にとじこもっているひとびとに対する応援エールばかり。日本でしか生き...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

michael_shinshu 客も要点3つが限界、それ以上は検討できないと思って打ち合わせを設定する。営業トークも同じ。 約4年前 replyretweetfavorite

danpansa 「3つ」思い当たる節がある 4年以上前 replyretweetfavorite

iPure08 ワタシは5つは覚えられます。が、3歩歩くと忘れます。。“@cakes_PR: May_Romaさん @May_Roma の「世界のどこでも生きられる」更新! ” 4年以上前 replyretweetfavorite