オリンピック招致プレゼンに学べ【第6回】何が日本チームを勝利させたのか?

論理的なプレゼンテーションを組み立てるうえで、「ロジックツリー」を使うことがいかに大切かを学んだ前回。今回は、東京オリンピック開催を決めたプレゼンを、ロジックツリーと照らし合わせながら、分析していきます。細部まで考えて作り込まれた見事な論理構造に、脱帽してしまうこと間違いなしです。

前回のコラムでは「ロジックツリー」に関して説明しましたが、東京オリンピック誘致←招致プレゼンにも「ロジックツリー」が使われています。今回のコラムでは、猪瀬知事のプレゼンを分析してみましょう。
[参考] http://www.huffingtonpost.jp/2013/09/07/olympic_c...

<導入部>
会長、 東京は、ダイナミックでありながら、平和で、信頼のおける、安全で安定した都市です。東京は、世界水準の素晴らしいインフラを有し、それをさらに発展させるため、投資を続けています。そして、若者たちにとっては、世界的なランドマーク(標)である都市です。

まずここでは日本チームが強調したかった「東京は安全な選択」「東京はオリンピックに関するさまざまな業務をデリバリ(提供)する能力がある」をキーメッセージ(最も伝えたいこと)として伝えています。さらに、「東京は世界的なランドマークだ」と言い切っています。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
世界のどこでも生きられる

May_Roma

海外居住経験、職業経験をもとに、舌鋒鋭いツイートを飛ばしまくっているネット界のご意見番・May_Romaさん。ときに厳しい言葉遣いになりながらも彼女が語るのは、狭い日本にとじこもっているひとびとに対する応援エールばかり。日本でしか生き...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ko_kishi "「やらない」「適当」が当たり前なので、「ちゃんと最後までやるよ」を強調しているわけです。日本の感覚からすると「はあ?」ですが、そういうものなんです。" May_Roma|cakes http://t.co/E43fsLzNXG 4年以上前 replyretweetfavorite

ko_kishi "具体的には「初めから、最後までやり遂げる」という意味です。なんでここでこんなことを強調しているかというと、「最後までちゃんとやらない」という人やら組織が多いんですね、日本の外では。" May_Roma|cakes http://t.co/E43fsLzNXG 4年以上前 replyretweetfavorite