ケイクス通信

ケイクス通信 10/18| 本日の更新記事を一挙紹介!

本日ピックアップするのはフランス・ブルゴーニュでワインを生産する日本人・仲田晃司さんの連載。昨年に続き、cakesで連載がスタートしてから二度目のぶどうの摘み取りがはじまりました。自社畑を全て有機栽培にするという難しいチャレンジを始めて最初の収穫。ぶどうのでき具合はいかがでしょうか。そして東田直樹さんの連載も更新。原稿に煮詰まった時、東田さんは少し時間をおいて頭をからっぽにするそうです。その時に東田さんの目に映る風景とは。大人気連載、堀江貴文さんの「ゼロ」は、就活に悩む若者の気持ちに答えるお話。あなたも「やりたいことが見つからない」なんて思っていませんか? そういうひとほどぜひご一読ください!

●ピックアップ

仲田晃司「ワイン通信・ブルゴーニュの村から」
【第20回】自社畑でのぶどう摘みとり

フランス・ブルゴーニュでワイナリー「ルー・デュモン」を経営する仲田晃司さん。なんと今日は、自社畑の摘みとりの様子をレポート! 世界的に有名なワイナリーの摘みとりの様子とはどんなものでしょうか? また、今年のぶどうや、できあがるワインの特徴もお知らせしています! そしてなんと今回は、仲田さん初の動画も三点公開! ブルゴーニュの青空とぶどう畑の空気をお楽しみください。

東田直樹「跳びはねる思考—二十歳の自閉症作家が見た世界」
見えないものに、身をまかせること

重度の自閉症を抱えながらも、社会を鋭く見つめている作家・東田直樹さんの連載です。 今回は、人の「思考」に関する東田さんの考察です。 「何かに煮詰まると、一度そこから離れてみる」という経験が、私たちにもあるのではないでしょうか。 東田さんはそのときの感覚を、風に身を寄せる植物にたとえています。 ゆっくりと繰り返し読むことで、少しだけですが東田さんの感覚に近づけるような気がする、そんな今回のエッセイです。

●連載

古賀史健「嫌われる勇気」
第三夜 vol.2 青年は迷う。「課題を、分離するですって!?」

承認欲求が人を動かす原動力だと主張する青年に、哲人はこう言いました。「人は他者の期待を満たすために生きているのではない」と。しかしそれでは、皆が傍若無人に振る舞ってもよいということになるのではないか!?  納得がいかない青年に哲人は「課題の分離」という考えを持ち出します。はたしてそれは、どんな考え方なのでしょうか?

堀江貴文「ゼロ—なにもない自分に小さなイチを足していく」
第3章 働くことで一歩を踏み出す vol.2 できない理由ではなく、できる理由を

毎年就活の時期になると、「やりたいことが見つからない」と悩む若者が見られます。しかし、それは「できっこない」と決めつけていることが原因だと堀江さんは指摘します。「できっこない」を「できる!」に変えるヒントは「新垣結衣」?! 11月5日(火)に発売される堀江貴文さんの書き下ろし単行本『ゼロ—なにもない自分に小さなイチを足していく』の内容を、cakesでいちはやくお届けしていきます。

フェルディナント・ヤマグチ「フェル先生のさわやか人生相談」
【第54回】気になる子を褒めたら……

あなたは気になる子を褒めて失敗した経験はありませんか?質問者の深浅様々な日常の悩みに光を与えるフェル先生のさわやか人生相談。今回はいじられすぎて職場で困っている女性、子離れできない母親の悩みを持つ大学生、大人の貫禄をつけたい男性……。50回を突破してますます絶好調のフェル先生をお見逃しなく!

林伸次「ワイングラスのむこう側」
牛丼つゆだく問題

今回の林さんの連載は、林さんが命名した「バーで牛丼つゆだく問題」について。酔って気持ちよくなると、どんなつまらないことでも口に出してしまう人がいます。友人だったら正直に「つまらない」と言ってしまっていいかもしれませんが、飲食店の従業員が客に言われたら。そんな時、あなただったらどうしますか?

青山裕企「彼女写真 in 名古屋」
名古屋編【第18回】おいしそうでしょ?

唐揚げをゲットして満足げな彼女。出来立ては熱々。はふはふしながらかぶりつきます。いい食べっぷり!ごはんをおいしそうに食べる女の子って、やっぱりいいものですね。

杉村啓「今宵語りたくなる日本酒のはなし」
【第7回】試飲販売、はしご酒……初心者に美味しい日本酒イベントのすすめ

10月は日本酒イベントのラッシュ。本格的なお酒造りシーズンの前に日本酒に親しんでもらおうと、全国各地の蔵元や酒屋さんがイベントを開催するのです。日本酒に詳しい人々が集まって敷居が高そう……なんて心配は無用。今回はさまざまな形式のイベントをご紹介するとともに、おすすめポイントや注意点をお教えします。安価でたくさんのお酒に出会えたり、蔵元の方に直接質問もできたりするイベントもあるので、初心者の方にこそおすすめですよ!

黒田勇樹「黒田勇樹動画批評」
「半沢直樹」と「おっぱい」をひっかけたら、なぜかこうなった

今年大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』ですが、全然本編を観られなかったというハイパーメディアフリーターの黒田勇樹さん。そこで、なんとか流行に乗ろうと選んだのが今回の動画でした。タイトルには「半沢直樹」という文字が書いてあるものの、観終わった後はおっぱいの記憶しかない。そんな動画です。

●ショートショートケイクス

今週は趣向を変えてcakesのスタッフがいかにがんばって働き、コンテンツを作っているかをみていただきたいと思います。わたくし編集Dの一週間です。

10月3日
昼 aikoのNHKホールライブに行くために、cakesの仕事をめっちゃがんばる
18時 aikoの体調不良のため、ライブが中止。その場に崩れ落ちる

10月4日
aiko友のつてを使ってチケットを入手

10月8日
aikoの体調が回復し、ライブが行われることが発表される
仕事をがんばろうと思う

10月9日
翌日のaikoライブのため仕事をめっちゃがんばる

10月10日
昼 aikoのライブに行くために、仕事をめっちゃがんばる
午後 aikoのライブに行くために、仕事をめっちゃ頑張る
夕方 aikoのライブに行くために、仕事をめっちゃ頑張る
18時 aikoモバイル会員のaikoメールが届く


タイトル:あいこです
皆さんお元気ですか?
あいこです。
お久しぶりです、ちょっと[疲れた絵文字]
昨日、一昨日、武道館ライブが終わりました[星絵文字]


18時 ライブの日付を間違えていたことに気づき、その場に崩れ落ちる
19時 やけ食い
20時 死にたいツイート
21時 仕事のミスが発覚、ライブに行っていたら取り返しの使いないことになっていたのに気づく

10月11日
午前1時 やり場のない怒りを酒で解消する
午前3時 もう自分にはcakesしかない、仕事をがんばろうと決意する
午前10時半 寝坊する

と、まあ、こんな感じで日々cakesは更新されています。スタッフがみんながみんなこんな感じかというと、ちょっと他の人に怒られちゃうかもしれませんが、代表加藤含めこんな感じですよ、ぜったい、きっと……。

スタッフが血反吐を吐きながら作ったcakes、今後もぜひよろしくお願いいたします。
今週はここまで。良い週末をお過ごしください。

(編集D)

ケイクス

この連載について

初回を読む
ケイクス通信

cakes編集部

ペットボトル1本分の値段で、1週間コンテンツを楽しめるプラットフォーム・cakes(ケイクス)。購読をしようか迷っている方や、購読を始めたけど何を読んでいいか迷っている方のために、cakesの最新コンテンツをご紹介していく無料連載です...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません