ネット×ジャーナリズムの歴史とその最新潮流としてのデータジャーナリズム

インターネットの国内外の動向に明るいyomoyomoさんが、データジャーナリズムについて解説した記事です。いま注目を集めるデータジャーナリズムの潮流と背景をぜひご確認ください。

最近、翻訳にちょこっと携わっている『The Data Journalism Handbook』(公式サイト)を取り上げ、ようやく日本でも注目され出しているデータジャーナリズムの話をしようと思います。しかし、その前にインターネットとジャーナリズムの関わりの歴史をおさらいさせてください。

ネットとジャーナリズムとの兼ね合い、もっと言えばネットが実現するジャーナリズムという観点で最初に大きな議論となったのはおよそ10年前、情報発信を容易にしたパブリッシングプラットフォームとしてのブログの流行時までさかのぼります。

当時「ブログはジャーナリズムの新形態か?」「ブロガーはジャーナリスト足りえるか?」といった今から見ると暑苦しい議論がなされたわけですが、一部の例外を除いて大半のブログは独自の報道を行っていないし、ジャーナリズムを実践しているつもりもないわけです。ゆえに両者は別物だという『ウェブログ・ハンドブック』(毎日コミュニケーションズ)の著者レベッカ・ブラッドの冷静な見方が今読んでも妥当に思えます。

スコット・ローゼンバーグは『ブログ誕生』(NTT出版)の中で、当時のブロガーとジャーナリストの対立について、「一見正確性や客観性などが問題のように見えるが、その実、争われていたのは資格であり、権利であり、敬意であった」と述懐しています。ただそこに増長し、認められたいブロガーとそれに反発する既存ジャーナリストという構図にとどまらない論点があったのも確かで、それは結論ありきの一面的な報道、特に一方向的な報道に対するネットユーザの強い不満を反映していたのは間違いありません。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

ケイクスカルチャー

yomoyomo

関連キーワード