俺の夜~記者が自腹で集めた夜遊び情報~

セクシーな下着を身にまとった女性たちが集うシースルーバー

夜遊びはカネもかかるし、めんどくさいーー。そんな昨今の風潮を嘆き、日本の夜を元気にするため、SPA!編集部の精鋭記者たちが立ち上がった!(毎週水曜日更新)

「私、パジャマはいつもシースルーなんだよね」と語っていた新宿歌舞伎町のキャバ嬢。タレントのローラがブログにシースルー姿を公開するなど、巷ではシースルー人気が高まっているようだが、所詮は布きれ一枚。どうせオシャレとかヌカして着てるんだろ、と思いつつも彼女のシースルー姿を妄想し、いつか拝ませていただきたいと願うテキサスです。

 だが、キャバ嬢からは「テキサスさんってお兄ちゃんみたい」と言われ、あえなく撃沈。以来、シースルー姿の女性が頭から離れない。そんな折、シースルーガールズバーなるものが9月18日、六本木にオープンしたとのこと。ここなら手軽にシースルーが拝めるということで早速、行ってみることにした。六本木交差点から徒歩1分。雑居ビルの5階にある「シースルー」は会員制のため、入り口のインターホンで名前と顔を確認して入店するシステムだ。

目のやり場に困るほどスケスケのランジェリー

 店内に入ると、カラフルなシースルーガールたちがお出迎え。同店ではAV女優をはじめとしたスタイル抜群の美女が在籍し、常時10人ほどが接客してくれる。それにしても、あれほど「シースルーを拝みたい」と言っておきながら、いざ艶かしいスケスケのランジェリー姿の彼女たちを前にすると、目のやり場に困る。恥ずかしがり屋な人には、テキサスのようにサングラスの着用をオススメしたい。

⇒ つづきは有料限定 「懇願すれば生尻を見せてくれることも」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SPA!

この連載について

俺の夜~記者が自腹で集めた夜遊び情報~

風俗(かぜ)を読む取材班 /SPA!編集部

夜遊びはカネもかかるし、めんどくさいーー。そんな昨今の風潮を嘆き、日本の夜を元気にするため、SPA!編集部の精鋭記者たちが立ち上がった!(毎週水曜日更新)

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード