藤田晋(サイバーエージェント) vol.1 ネットバブルの崩壊で、タフな心を手に入れた

「ひふみ投信」で抜群の成績を残しているファンドマネージャー藤野英人氏が日本の経営者にインタビューし、投資家の目線で成長の秘密をひもといていく対談シリーズ。50歳以下の経営者を取り上げるアニキ編の第2弾は、日本のネットベンチャー企業の雄、サイバーエージェントを立ち上げた藤田晋社長が登場。起業の話を聞かれるのは久しぶりと話す藤田社長が、学生時代や、急成長したネットバブルの頃の心情を率直に語ってくれた。

役員も大学生も、落第のシステムが必要だ

藤野 僕は、近年の日本のベンチャー企業のなかで、最も成長した会社はサイバーエージェントで、藤田さんは最も成長された経営者だと思っているんです。今日はぜひ、起業の経緯のあたりから改めてお話をうかがいたいですね。

藤田 起業の話を聞かれるのは久しぶりですね。僕は学生の頃から、大学の向かいにあったベンチャーの広告代理店で、フリーペーパーの広告営業として働いていました。学生の時間がムダに思えて、早く社会に出たくて仕方なかった。もっと早く社会に出ていれば、もっと早く上場できたかもしれない、と今でも思います。

藤野 僕は、4年制大学をなくして、みんな2年制にしたらいいと思うんです。

藤田 それはいいですね。

藤野 2年にして、教養科目でなく、最初から学びたい専門科目を集中して学ぶ。そして3年目からはいろいろ積み重ねるようにできたらいいと思います。4年制は、いまの世の中に合っていないのではないでしょうか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
イケてる経営者が日本を救う

藤野英人

日本株ファンドの「ひふみ投信」で抜群の成績を残しているファンドマネージャー藤野英人氏がイケてる日本企業の経営者にインタビューし、投資家の目線で成長の秘密をひもといていく対談連載。50歳未満の「アニキ編」と50歳以上の「オヤジ編」の2編...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード