第三章 日本企業の底力は「制度」にある vol.3 年功序列の本当の姿

まちがいだらけの転職市場、ビジネス事情にメスをいれ、多くの社会人を叱咤激励した漫画『エンゼルバンク』。そのエッセンスを凝縮した副読本の内容をcakesでもお届けします。「人」に着目する日本企業の性質と親和性が高いのが年功序列制。そこには、その対義語と思われがちな競争原理の側面が隠れていました。(『会社に左右されない仕事術』より)

年功序列制に隠された競争原理とは?

 先にも述べたように、仕事ではなく「人」にお金が払われる日本型の能力主義は、どうしても年功序列制と結びつきやすい。

 なにをもって能力が高いとするのかが曖昧なため、とりあえず「経験」を重視して勤続年数によって昇進や昇給を決めていくのである。
 きっとあなたの会社にも、「まったく使えない上司」がいるだろう。
 彼らはただ長く勤めているというだけの理由で、課長や係長の椅子に座っている。なぜ自分がこんな人間の下で働かないといけないのか、そして、なぜこんな人間が自分より高い給与をもらっているのか、考えれば考えるほど腹が立ってくるはずだ。

 しかし、年功序列制が競争もなにもない“ぬるま湯”のような制度なのかというと、そうではない。むしろ、年功序列制には、類稀な競争原理が隠されているのだ。

 簡単に説明しよう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

モーニング

この連載について

初回を読む
会社に左右されない仕事術

三田紀房

まちがいだらけの転職市場、ビジネス事情にメスをいれ、多くの社会人を叱咤激励した漫画『エンゼルバンク』。そのエッセンスを凝縮した副読本の一冊、『会社に左右されない仕事術』の内容を、cakesでもお届けします。はじめてのことばかりで悩む新...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード