第7回】タカラヅカなんて嫌いだ!!(った)<中日>

WEB系文化系女子okadaicこと岡田育による、カリカリのパンのはじっこのような味わい深い日常エッセイ。Twitterでも、よく宝塚歌劇団のことを話題にされる岡田さん。しかし、じつはヅカが嫌いだった? いったい何が彼女を宗旨替えさせたのか。「嫌いだった」に変わるきっかけは、「トップオブトップ」と呼ばれる大スター・轟悠との出会いにありました。

→<初日>はこちら

 望まぬお受験の果てに進学した先で、じつに12年間もの長きを女子校で過ごす羽目になった私。男の子のいない学校に通うなんてイヤだ、と泣いた幼女の日々は遠く去り、『うる星やつら』の藤波竜之介よろしく女心にサラシを巻いて、求められるまま「男役らしさ」を磨き上げながら、学園生活をサヴァイヴしていた。そうして周囲に「ヅカっぽい」と褒められるたび、宝塚歌劇団への嫌悪感は増すばかりだった。
 ところが、である。晴れて共学の大学へ進学し、誰に禁じられることなく自由にスカートを穿き、ごくごく「普通に」男女混合の社会生活を営むようになり、女子校で過ごした十数年間の先に、一般社会で暮らした十数年間がプラスされてみると。あるときから、私は憑き物が落ちたように、宝塚歌劇へ対する苦手意識を払拭することができた。正確には、相変わらずある種の抵抗感はあるのだが、それでも最近は『宝塚ドリーミングシアター』を録画したりキャトルレーヴへ足を運んだり宝塚アンで通販したり、着実に在家信者への道を歩みつつある。

 いったい何が私を変えたのか。轟悠様である。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ハジの多い人生

岡田育

趣味に対する熱量の高いツイートと時事に対する冷静な視点でのツイートを自在に繰り出すWEB系文化系女子okadaicこと岡田育。 普通に生きているつもりなのに「普通じゃない」と言われ、食うに困らず生きているのに「不幸な女(ひと)」と言わ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

chirimen_silk 岡田育さんの轟悠様関連のツイートに共感しすぎて、単行本を買ってしまった。『ハジの多い人生』新書館。とりあえず第四章の理事オチの顛末を熟読。もう胸が痛いほどよくわかるw https://t.co/Tusoc6ehNl 3年以上前 replyretweetfavorite

Horie_Yukari 「ぐぉぅ…!」と唸りながら読んだ後たまたま読んだ漫画が「青い花」という奇妙すぎる偶然…!!【第6回】タカラヅカなんて嫌いだ!!(った)<初日>|岡田育| 4年以上前 replyretweetfavorite