会田誠・後編 “お芸術”なんて、まっぴらごめん

「変態」美術家・会田誠の仕事場事情にせまるインタビュー。創作と生活を地続きにして、美術のまとう「特別感」をなるべく排そうとする会田誠の信念が見えてくる後編。

あえて、どこにでもあるもので描く

—「机は自分にとって拷問器具」とのことでしたが(前回参照)、そもそも、ご自宅に机はあるのでしょうか。

会田誠(以下、会田) まあ、一応あります。平面さえつくれればいいので、何の変哲もない白い机ですけどね。これもニトリで買いました。

—アトリエと同じく、ニトリなんですね(笑)。

会田 その机を、僕用と息子用で、並べた部屋があります。家はごく普通の2DKの団地なので、子ども部屋がありません。息子はいつもこの部屋に入り浸っていますね。

自宅の机部屋。右はプログラミングに熱中する、息子の寅次郎くん自宅の机部屋。右はプログラミングに熱中する、息子の寅次郎くん

—机はニトリなのに、椅子は高機能な感じですね。

会田 ええ、椅子にはちょっとこだわりがあるので、人間工学に基づいて設計されたとかいう、高価なオフィスチェアを衝動買いしまして。もちろん座面はお尻が蒸れないように、メッシュ素材です(前編参照)。でも、いまその椅子がどうなってるかというと、毎日、息子がふんぞり返っているという。

—「お父さんの椅子」に対する遠慮は……?

会田 まったくないですね。うちにある一番いいノートパソコンも、息子が専有しています。そして、僕にはずっと前に買った旧式のマックが割り当てられている。なんなんでしょうね。モニターも、今どき見ないようなブラウン管で、あきらかにポンコツなんですよ。

—いまは、パソコンを使って作品をつくることもあるのでしょうか。

会田 まあ、あるにはありますが、「拡大」とか「このレイヤーを前にする」とか、単純な使い方しか知りません。難しいことはもうぜんぶ人にお願いしちゃう。そもそも、まともにキーボードが打てないですから。

—でも、小説やエッセイを書かれていますよね?

会田 一応パソコンで書いていますが、ぼく、タイピングがあんまり得意じゃなくて、左手は2つのキーしか押してないんですよ。「A」と「S」かな? 一応キーボードの上に両手を置いて、それらしくしてますけどね。

個展に向け、連日、アトリエ近所の宿舎に泊まりこんでいる会田さん。手や膝、Tシャツに絵の具が個展に向け、連日、アトリエ近所の宿舎に泊まりこんでいる会田さん。手や膝、Tシャツに絵の具が

—それらしく(笑)。では、やっぱり絵を描く者としてこだわりがあるのは、アナログな文具の方ですか。

会田 スケッチをするときに使うのは、HBの鉛筆ですね。

—え、HBですか? 芸術家は4Bとか2Bとかの濃い鉛筆を使うイメージがあるのですが……。

会田 いや、HBだけです。Bもちょっとね……アートっぽい香りがしちゃってイヤ。

—アートっぽいんですか(笑)

会田 なんか、特別なのはイヤなんですよ。ビジネスパーソンも使う、ごく平凡なHBをあえて使いたい。消しゴムも、MONOがいい。

—も、MONOとはまた普通ですね。芸術家は4Bで書いたクロッキーをパンで消すみたいなイメージがありました。なんか、コンビニでも売っていそうな文具ばかりなんですね。

会田 そう、むしろそれがいいんです。あと、筆ペンで描くこともあります。

—下描きではなく、本番に筆ペンですか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
クリエイターズ・デスク

cakes編集部

あの独創的な仕事をしている人の机は、一体どうなっているの!?――そんな疑問や好奇心に応える連載が「クリエイターズ・デスク」。それぞれの分野で活躍しているクリエイターの机を覗かせてもらい、その仕事のスタイルについてもこってりお話をうかが...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード