​24年間バーカウンターに立ち続けることで実感できた喜びとは?

東京・渋谷で24年間、お店のカウンターに立ち続けてきた林伸次さんが実感できた喜びとは、いったいどういうものでしょうか? そして林さんが、これを読んでいるすべての人におすすめしたいこととは?

地元にずっといるほうが幸福度が高い?

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

cakesでこの連載を長く続けてきましたが、cakesって購読数が僕の原稿料に直結するので、初期は「どういう内容の記事がクリックされやすいのかな」ってずっと考えながら書いていたんですね。キスとかセックスとか不倫のような話はクリックされやすいのですが、別にみんながみんな反応するわけでもないんです。興味ない人は全く反応してくれません。そんな中、みんなが気にしていてついついクリックしてしまうのが、「友達がいない」というテーマなんです。

最近でも、中年独身男性に友達がいないという話が、ネット上で話題になっていましたよね。男性はどうしても毎日の行動や興味が、仕事に関係することになってしまいがちだから、年齢を重ねれば重ねるほど、友達がつくりにくくなっていくのだと思います。これは仕方のないことです。僕自身、今仕事と関係ない人と飲みに行くって、ちょっと想像ができません。

そもそも男性は、男性同士で用事もないのにメッセージのやり取りさえしませんよね。妻がLINEをしているので見せてもらったのですが、日常のなんでもないことを友達と伝え合っているんですね。そういうの男性同士だと想像できない人のほうが多いと思います。

以前とある調査で見たのですが、生まれた土地から動かずに、小学校の友人たちと一緒に大きくなって、地元でバーベキューや飲み会なんかをやって、同級生か知り合いの知り合いぐらいの人と結婚して、友人とは家族同士でつるんで、そんなに収入が多いわけではないけど、生活していて困るようなこともない、っていう人たちの方が「幸福度」が高いそうなんですよね。

一方、誰も知り合いがいない都会に出て、仕事だけで繋がっている人たちと、出世やお金や地位をめぐっての争いなんかをしている人たちの方が、収入は多くても「本当の友達」がいなくて不幸せに感じるそうです。

僕は正直に言いますと、小さい頃からの地元の同じメンバーで一生を過ごすって、ちょっと避けたいなと感じます。人間関係って「更新」していくのが面白いところだと思うんです。やっぱりずっと同じ人達だと、同じ顔を見せ続けなきゃいけないですよね。人間関係って役割が決まってしまうから、その場所で「お調子者役」になってしまうと、ずっとお調子者です。でも、色んな場所に人間関係がもてると、ここでは「お調子者」だけど、ここでは「生真面目」っていう風に、自分を使い分ける楽しさがあります。

また、僕は「転校生の喜び」と呼んでいるのですが、場所を変えることによって、「今までの自分をいったん全部やめにして、新しい自分を試みることができる」っていうことも、たくさんのコミュニティがある都会の利点だとも思います。

あるいは人って、ステージというものがどうしてもあります。社会的に責任ある地位になったり、結婚して生活圏が変わったり、そこで違うステージの人たちと出会って、新しい知識や価値観を手に入れることができます。人間関係が更新されるのって、「新しい価値観の人や新しいステージの人と出会える喜び」だと思います。

あなたもお店を始めてみませんか?
この続きは有料会員の方のみ
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

林さんの小説が文庫化されました

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

takkei3 24年間バーカウンターに立ち続けることで実感できた喜びとは?| 25日前 replyretweetfavorite

lua_branca 24年間バーカウンターに立ち続けることで実感できた喜びとは?|林伸次 @bar_bossa | 25日前 replyretweetfavorite

datadisk_tokyo 生きていると、色んな出会いがあります。僕にとってはお店も然り。 24年間バーカウンターに立ち続けることで実感できた喜びとは?|林伸次 @bar_bossa | 25日前 replyretweetfavorite

kasiwa_mama リアルなお店だけでなく、SNSのアカウントそのものも流動的な人間関係だなぁと感じています。 いつ、アカウントが消えるかわからないですし、プラットフォームごと消えることもありますし。 https://t.co/y5pXz5FuBS 25日前 replyretweetfavorite